人気ブログランキング |

無痛分娩レポ(入院編)

はてさて、めっちゃ久しぶりのブログだけども、今でも私のブログを読んでくれる人、いるんだろうか?
( *´艸`)

1年近く経っちゃうけど、記憶を呼び起こして二人目の出産のことを書いてみよう。

二人目は、一人目の「30時間39分」の普通分娩に懲りて絶対に無痛と決めていました。
病院は、家から徒歩数分の所にある、とっても有名で評判の「赤枝医院」。
私はここの院長の赤枝先生も、そして副院長の相良先生を大尊敬しており、もう心酔しております。はい。
相良先生は私のヒーローです!(って言ってるママめっちゃ多いし!みんなのヒーローだ!)

上の子も5歳になったばかりだし、パパ不在で突然陣痛が来ても大変なので今回は「計画分娩」にしました。

元々の予定日の一週間前に決めて、私は入院当日まで自転車を乗り回し、保育園の送りや買い物で駅と家と保育園を往復していました。

そして自分で入院グッズを持って、歩いて病院へ向かいました。タクシー券もらったけど使わなかったなぁ。
穏やかに晴れた5月の空。

無痛分娩レポ(入院編)_e0122770_15483653.jpgあ、ちょっとここで前日の話。
息子が「一人っ子」として過ごす最後の日なので、保育園帰りに息子の希望を全て叶える勢いで公園をはしごしました。

テントウムシとバッタを捕まえたいというので、二人でたくさん捕まえました。
たくさんのテントウムシが子作りに励んでいて(笑)息子も「結婚してる!」と一生懸命見ていました。
種類の違うテントウムシが交尾してる~!と驚いて調べたら、みんな「ナミテントウ」という種類でした。
テントウムシ同士では、フェロモンでちゃんと同種だと認識するそうで。
ああ自然。テントウムシの世界。素晴らしい。
いい思い出です。







話が逸れましたが、入院するとナースステーションの前の椅子で座って待つように言われ。
優しくてサバサバした看護師さんが入院説明とお部屋の説明をしてくれました。
「手ぶら入院」が売りの病院なので、色々といただきました。その中に・・・。

出た!産褥ナプキン!

出産した人しか見る機会がないかと思いますが、産後の出血を吸い取るための「産褥ナプキン」というのがこれまたオバケみたいにおっきいんです。
この大きさのナプキンをみたら、これから起こることがどれだけ大変なことか、どれだけ出血するのか、本当にビビりますよ。このオバケナプキンが出産の壮絶さを物語っています。全く座布団かって言う・・・。

もうこの頃は、そわそわ。ウキウキ。
どんな子が出てくるのかしら。もうすぐお腹の子と会える。。。楽しみ!そしてちょっと怖い。無痛って本当に痛くないのかな。ドキドキドキドキ・・・。
だけどカンタ(上の子)だけに愛情を注ぐ日々が終わっちゃう。
ああカンタ!カンタ!カンタ!カンタ!(すみません。息子LOVEなんです。それはもう溺愛です。)

出産中、好きな音楽やDVDを流せるので、ヒロミコレクションを作ってきました。
CD3枚!
無痛分娩レポ(入院編)_e0122770_15485581.jpg

赤枝医院、毎日のように前を通りますが、入院して中から外を見ると、なんだか毎日見ている景色が別な物に見える~。
日常が、非日常のドキドキの中にぷかぷか浮かんでる~。。。

何を見ても、ときめいてしまう、そしてちょっとおセンチな。そんな出産直前です。

さ、入院着に着替えたら、いつもの病院の待合室で待ちます。
いよいよ子宮口を拡げる処置ですよ~。続く。
無痛分娩レポ(入院編)_e0122770_15484986.jpg


by kusanohiromi | 2019-05-14 15:54 | 家族  

<< 無痛分娩レポ(処置編) 育児休暇が終わりました >>