<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

里帰り出産

明日から、熊本へ帰省します。

寛太と共に東京に帰ってきてから3ヶ月以上が経ちました。

今日は、「里帰り出産」について振り返ってみたいと思います。

「里帰り出産」。

それは、人生最大のイベントでした。

24で上京してから里帰りと言っても年にたったの一度、二泊三日しか帰っていませんでした。
(※一度26の時に1年間帰ったのを除いて)

出産予定の1ヵ月前に帰って、出産後も1ヵ月半ちょっとと、合計で3ヶ月近くも実家に帰る。
こんなに長く帰るのは、後にも先にもないだろう。

普通、里帰り出産というと、産後のケアを実家のお母さんなどにやってもらうために帰るものだが、うちの場合母は体があまり良くないためどちらかと言うと「赤ちゃんを見せるため」の里帰りだった。

だから退院後、沐浴も洗濯も掃除も布団干しも一人でやってしんどいときもあった。

父は相変わらずマイペースに日本&海外を飛び回ってスーパーマンをやっている。
もう笑いが込み上げるほどのハードスケジュールで遊び回っている。

正直帰る前は、帰ったら母と喧嘩ばかりの日々になってしまうんじゃないかとちょっと心配してた。

ところが、帰った直後に39度の高熱により切迫早産で入院した私に母は。
悪い身体でよちよち歩きで私の荷物を持ってバスに2回乗り継いで病院まで往復してくれた。
その姿を見たとき、どれだけ涙を堪えたか・・・。

言わずもがな両親は寛太の誕生を心から喜んでくれ、可愛がってくれた。
母は、毎日三食ご飯を作ってくれた。
へその緒が取れた瞬間もそこにいたし、沐浴後におしっこをかけられて大笑いしたときもそこにいた。
生まれたての息子と対面し、おっかなびっくり新生児を扱う日々を母と共に過ごした。

「寛太は逃げない」と言い訳して魚釣りと合唱ばっかり行っていた父も(笑)、最後は焦ったのかできる限りの時間、寛太を抱っこしてくれた。

そんな楽しい日々はあっという間に過ぎていった。
長い長いと思っていた3ヶ月も、終りを迎えた。

ダンボール二箱で帰ったのが、東京に戻るときには7箱とベビー布団に増えていた。
荷造りを終え、寛太と24時間昼も夜もなく過ごした“離れ”がガランとする。

昔だったら車で空港まで送ってもらえたのだろうけど、母はもう片目が見えないので運転はできない。
父も仕事のためタクシーを呼んだ。

東京では夫と息子、3人の新しい生活が始まる。
とっても楽しい未来が待っている。
はずなのに・・・、お母さんの顔を見たら涙がボロボロと玉になって落ちた。
「頑張ってね!」と手を振る母の姿が見えなくなるまで顔をくしゃくしゃにしてタクシーの中から手を振り返した。

そうして、人生最大のイベントが終わった。

明日また家族に会える。
息子の成長を肉親に喜んでもらえることがなにより嬉しい。
お母さん、お父さんありがとう。これからもよろしく。
e0122770_22534639.jpg
e0122770_22542488.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-29 22:46 | 家族  

息子と二人京都の旅

旦那さんはひと足先に帰ってしまったので、寛太を連れて京都→東京まで一人で帰りました。

途中、私の叔父が京都の烏丸御池でやっているケーキ屋さんへ寄りました。
実は、私の祖母も京都で旦那の実家とは偶然にも目と鼻の先なのです。
というわけで叔父も京都。

叔父はパティシエで、私たちの結婚式のときもウエディングケーキを作ってくれました。
(その写真が飾ってあった☆)

森の小枝」といいます。
e0122770_23311174.jpge0122770_23313665.jpg
e0122770_23495163.jpg


で、そのケーキ屋さんで最高に素敵な再会を果たしました。

イタリアのフィレンツェに留学してたとき同じ学校で仲のよかった友達!
フィレンツェの駅のホームで別れてから実に5年ぶりの再会!

その友達もめっちゃ可愛い女の子を去年出産し(うちの子と同級生!)43度という猛暑の中ケーキ屋さんまで会いに来てくれたのです!
感謝感激!
e0122770_23332820.jpg
楽しかったぁ~!

京都駅まで送ってくれて、いよいよ新幹線です。

乗った瞬間息子、ブリブリブリリィ~。(゚∀゚ ;)
幸い、乗った車両の連結部分が「多目的室」で、ここで授乳したりオムツ替えしたりできるようになっている。

しかし、自由に入れないのが難点。
「係員へお声かけください。」と書いてある。

お声かけくださいと言われても・・・。

という訳で、係員に出会うまでひたすら車両を進む。

2両先で係員さん発見!
多目的室を使いたい旨申し出ると、「すぐ行きますので多目的室の前で待っていてください。」とのこと。

ぶりぶりウンチをしたためた息子を抱え、また戻る。

待っていると係員さんが来たものの、なんと誰かが無断で使用している模様。

すると「ではこちらへ」とまた先程の車両に戻る。連れて行かれたスペースはパイプ椅子しかなくオムツ替えができない。
「すみません。オムツを替えたいのですが~(~_~;)」

結局。

トイレを使うことに。なんやねん(笑)。無駄な動き。

オムツを替えてすっきりしたのも束の間、息子ぐずりだす。
あ、ちなみにお盆で新幹線は満席。隣にも人がおります。

そんなわけで、デッキに出て寝るまで抱っこ。

ふ~う。

そんなこんなでやっとこさ品川駅。
山手線でも疲れてぐずり始める息子をあやしながら隣の人に謝り新宿。

そこでなんと!!!

京王線が落雷のため完全に運転中止。
振替の小田急もダイヤが表示されておらず大混雑。中央線も同様。
ここまできてあと一歩というところで足止めをくらったのだ。

長旅で疲れた赤ちゃんと荷物を抱え途方にくれる。
これは無理して満員電車に乗るより運転再開するまで時間を潰した方がいいな、と判断した私はデパートの中華レストランへ入った。
ところが息子が限界。
泣き出して泣き止まない。とても食事どころではない。

するとお店の人(中国の方)が「おっぱい飲みたいかもしれないから7階授乳室あるよ。」と教えてくれかじりかけの餃子を置いたまま授乳室へ駆け込んだ。

授乳を済ませ戻ってきたのだが、息子。
どうやら私の不安を敏感に感じ取ってか泣き止まない。

餃子とチャーハンはパックに詰めてもらい店を出た。

そしてチャイルドコーナーで旦那の仕事が終わるのを待つ・・・。
うう、なんてこった。
とんだ災難だ!

最終的に、電車は走らずタクシーで帰宅しました。
やれやれ!

その夜。
息子が寝返りをした!
e0122770_23482189.jpg
これ、直後の写真。
e0122770_23485397.jpg
わ!成長しとるぅ~!
なんだか濃い一日だった!
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-20 23:17 | 家族  

初の新幹線!

旦那さんの実家の京都へ帰りました。
電車に2回乗り換えて東京駅へ行き、東京駅で授乳しておみやげ買って駅弁買って・・・。
人生初の新幹線も、ちょっと泣いたけどなんとか乗り切りました!

今まで夫婦二人のときは、一緒にお弁当を食べていたけど、今は片方が赤ちゃんを抱っこしてその間に・・・という時間差弁当でした。

京都の帰省。
もう親戚に寛太を見せたくて見せたくてしょうがなかったので嬉しくて嬉しくて!
指折り数えてこの日を待ってました!

でも、突然の知らない顔オンパレードにさすがに泣くかなぁ~?っと思っていたのですが、なんのその!
泣くどころか、息子終始笑いっぱなしのごきげんスマイル!

みんな本当に寛太を可愛がってくれて喜んでくれてとっても嬉しかったぁ~!
e0122770_23135229.jpg
e0122770_23141146.jpg
e0122770_23143048.jpg
いとこのりなちゃんが抱っこしてくれました。

そして気付いた。

誰かが息子を見てくれていると、私に自由がある。

なんて楽なの!!!

そして普段私と二人っきりの息子も、人がたくさんかまってくれるということがとっても嬉しいみたいでした。
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-19 23:10 | 家族  

おっぱいの話(授乳写真あり、笑)

私はこの5ヵ月間で、それまでの人生で口にしてきた「おっぱい」という言葉の数をゆうに越えてしまった。

この5ヵ月間、中2男子に引けを取らないくらいおっぱいのことで頭をいっぱいにしてきた。

出産直後、先輩ママに「赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるとき最高に幸せだよね。」と言われたとき、正直この言葉の意味がさっぱり分からなかった。

「どこがぁ?」

そう。前のブログにも書いたけど、おっぱいとは最初から上手くいかないものなのだ。

私は痛くて痛くて授乳の時間が苦痛で仕方なかった。

ちょっとバスタオルが触れただけでも飛び上がるほどの痛さ。
血豆ができては破れ、水泡ができては破れ、亀裂から血が滲む。

ルパン(または銭形警部)が乗る車のように、タイヤが取れ・・・、ドアが外れ・・・、屋根が吹き飛び・・・、ハンドルだけになったのにまだ走ろうとするまさにその状態。

もうそんなん無理っすよ・・・。

こんなに痛いのに、息子は隣でお腹が空いたと泣く。
これしか生きる糧がない息子。息子の命は私のこのおっぱいにかかっている。
なんてちょっと大袈裟か(笑)。

年配の方から「母乳は楽でしょう。」なんて言われてもさっぱり。
はっきり言ってミルクの方が遥かに楽じゃない?って思っていた。
お湯入れて、冷まして、哺乳瓶を口に持っていけばちゅっちゅちゅっちゅと吸うんだもん。

でもおっぱいは、なかなか上手くくわえられないしくわえさせられない。
泣いて暴れる息子に、額に汗しながら10分かけてやっとくわえされる。

右と左を交互に5分ずつ飲ませなきゃいけないのに、なんやかんやで1時間かかる。
1時間かけて飲ませたのに、また1時間後にはおっぱいを欲しがって泣く。
私は泣きまくる息子を横目に「まだ3時間経ってないからおっぱいはまだ。」なんて頑なに授乳間隔を延ばしていた。
あぁ、なんて可哀想なことをしたのだろうか!

「あー、ミルクが楽よ。」

何度心折れて母乳を止めてしまいたかったか。

でもなんとか頑張った。
昼も夜もなくおっぱい、おっぱいの日々。しばらくはおっぱい中心の生活となった。
また、詰まりやすい体質もあって食生活には最新の注意を払った。

結果、2ヵ月ほど経つと痛みもなくなり、息子も上手に飲めるようになった!
いわゆる、母乳育児も軌道に乗ったのだ。

努力のかいあって母乳も溢れるほどよく出るようになり、ようやくここで先輩の言葉が理解できた。

うん。確かに幸せだ。
飲んでいるこの姿。なんと愛おしいのだろう。

旦那は「俺にもおっぱいがあれば」と羨ましがる。
へっへーん。いいでしょう。
痛い思いをして生んだ特権だ。これくらいなくっちゃ。

もし今母乳育児に挫折しそうな人がいたら、諦めないで!
必ず報われる日がきます!

それにしても私たちは哺乳動物なのだ。
普段生活しているとそれはまるでおとぎ話の世界のように感じるけれど、紛れも無く哺乳類なのだ。

人生のスタートがおっぱいであるから、おっぱいは老若男女に愛される存在なのだ。
「おっぱい」。
偉大だー!

※若き男子諸君、おっぱいは優しく扱いましょう。おっぱいには乳腺という母乳を作る器官があるからね!
e0122770_135202.jpg
e0122770_1353643.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-18 01:36 | 家族  

振り返ればヤツ(赤ちゃん)がいる。

ただいま絶賛育休中で、一日中自由の身の私ですが。

相変わらず時間が足りないっ!

24時間では足りませんっ!

前にも書いたけど、赤ちゃんのいる暮らしってすんごいスピードでかけてゆくんです。
もう必死で掴まって引きずられ状態(笑)。

母なので、中心は赤ちゃんです。
これが私の生活のほとんどを占めます。

振り返ればヤツ(赤ちゃん)がいる。

家の中に赤ちゃんがいるってなんて楽しいんだろう!
赤ちゃんと遊んだり、お世話をするのが楽しくて仕方ありません。
さぁ困った。

そんな訳でピアノを弾くのも長時間は無理。
ちょろちょろと合間を縫って弾くしかありません。
4歳からずっとピアノを弾き続けてきましたが、こんなに鍵盤と離れるのは人生初です、正直。
大きな試練だぁ。(指を元に戻すのが)

しかも最近は、赤ちゃんのために裁縫をするのが楽しくなってしまいました。
小物や服をチクチク。

あと、読書。

ネットで市内の図書館の本を片っ端から予約して取りに行き読む。

ただいまインプットの期間です。

まぁ読んでる本は少年犯罪と少年法か育児か戦争の本とかなり偏ってますが・・・。

息子と遊ぶのはインプットとアウトプット両方。
息子から受け取るものもたくさんある。

ブログはアウトプット。
しかしなかなかエネルギーと時間がいるもんなんです。

育休中に小説でも書きたいな・・・なんて思っていた自分が恐ろしい。

しっかりインプットしたら、音楽でアウトプットしていきたいな。
いつか・・・(←弱気)。
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-17 23:46 | 家族  

産後ヨガ

産後ヨガへ行ってきました。

元助産師さんのインストラクターの方の人気講座で、ママ友みんなで行きました。
e0122770_2334581.jpg
ここにいるママ、全員ママ友です。
来れなかった友達も何人かいるので、一部なんです。

妊娠中にパパママ学級に参加したおかげで、同じ月齢のママ友がたっくさんいて、しかもみんな家が近所なので毎日LINEで情報交換したり、家を行き来したり、散歩したり、ランチしたり・・・。
孤独にならずに毎日楽しく育児ができます。ほんと!

ヨガやベビーマッサージのときの恒例、赤ちゃん集合写真ですが、今回は横並べにしてみました。
ぎゅぅ~っと鮨詰め状態。
e0122770_2361457.jpg
e0122770_2362839.jpg
ぷぷぷぷぷ!

なんと可愛いのでしょう!

一人が泣くと連鎖でみんな泣き出します。おもしろい!

産後5ヶ月になりますが、まだ骨盤を絞めるには遅くないらしい。
ほどよい運動になるし、気分もリフレッシュできて心身ともに健やかになりました!
e0122770_23114771.jpg
e0122770_2312746.jpg
子育てネタばっかりですが・・・、楽しいです!すみません!
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-08 22:57 | 家族  

レンズという目

市の子育て総合センターというところに、「一時保育」の登録面談に行きました。

「一時保育」というのは、親が赤ちゃんを連れていけない用事などの時に預けることができる行政のサービスです。

でもなかなかちゃんとしていて、親と赤ちゃんの両方と面談をするのです。

とっても広くて隅々まで手入れの行き届いた、清潔感のある場所で気に入りました。

面談のとき、ロッカーの名札に使うという写真を撮ってくれました。

息子、このとき生後4ヵ月半ですが、デジカメを向けられるとちゃっかりカメラ目線で顔を作りました。
これ。
e0122770_0132238.jpg
くぅぅぅぅぅ~!

顎がぁ!顎がぁ!

生後2ヵ月くらいから目もちゃんと見えてくる赤ちゃん。

そして赤ちゃんはやっぱり人の目を見ます。

なので2ヶ月の赤ちゃんも、カメラを向けるとしっかりとカメラ目線になります。
寛太も2ヶ月くらいからカメラ目線でした。
スマホのちっちゃいカメラですら凝視してきます。

レンズって、目なんだなぁ~!とつくづく思います。

皆さん、知ってました?

バードウォッチングでも、希少種の鳥にカメラマンが群がってカメラを向けると鳥は見られているストレスを感じるのです。
遠くから隠れてレンズを向けても「見られている」気配を感じ取るのです。

レンズは目やなぁ~。うんうん。
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-03 23:59 | 家族  

おでかけの話

今回はおでかけについて書きたいと思います。

赤ちゃんとのおでかけ。

それは新米ママにとっては、とっても緊張するものなのです。

息子が生後ちょうど3週間のとき、私は母乳育児が痛くて苦痛でおっぱいマッサージへ出掛けることになりました。

調べてみるとそれは本当にたまたま偶然!実家のすぐ近所。
歩いて5分ほどの距離でした。

しかしそのたった5分が。
初めての抱っこ紐に母と苦戦しながらようやく息子を入れ、寒くないように上からケープを掛け、さぁ行ってきます!

初めて赤ちゃんを連れて歩く自分の姿ってどんなだろう?ちゃんとママに見えるかな?
っと、玄関の鏡を覗くと・・・。

息子のあんよが顔の横からぴょんっと出ているではありませんか!

なんと、抱っこ紐の腕を入れるところに脚を入れてしまっていたのですねぇ~(笑)。
赤ちゃんは体が柔らかいのでウンともスンとも言わず涼しい顔。
しかし足が紫色になっていたので、母と慌てて抱っこ紐をはずしました~。
テンパリ過ぎっ!

そしてようやく外へ。

うちの前は白線も何もない細い道路。
地元の人しか通らない道です。

なのに終始ドキドキ!!
あ~、私こんなに小さな生まれたての赤ちゃんを連れて歩いてる~。大丈夫かしら~。

おっぱいマッサージをやってくれる助産師会までは1回だけ横断歩道を渡ります。

もうそのときは、右見て左見てもっかい右見て、さーてもっかい左見て、つまづかないか下見て、それこそ槍が降ってこないか上見て・・・、状態(笑)。

車がちゃんと減速してくれるか全くもって信用できません。

あー、あの自転車こっちに突っ込んでくるかも!
あの原チャリ確認せず左折するかも!

もう全てのものが信用できない(~_~;)

そもそも、抱っこ紐も突然はずれて落ちるかもって思って両手で息子を支えてるもんだから、肩はガッチガチに凝る。

外はなんて危険がいっぱいなの!?っと再発見したのでした。

それが最初のおでかけ。 懐かしい(#^.^#)。


東京に帰ってきてからも、初めてベビーカーに乗せて出かけたときのあのなんともウキウキした感じとドキドキ感は忘れもしない。
産後1ヵ月は赤ちゃんと共に寝たり起きたりの生活ですから、そろそろ出かけたくてウズウズしてる頃。

たった10分強の近所のスーパーへ行くだけなのに、授乳して、オムツ替えて、日焼け止め塗ってあげて、ベビーカーの説明書見て(笑)、で出かけようとしたらまたウンチしてて・・・。
ベビーカーをどこで開こう?玄関?マンションの前?などと、
ベビーカーに乗せるまでに40分かかったんだよなぁ~。(かかり過ぎ!?)

最初の数週間は、おでかけする前の日から「何時に起きて、何時に授乳して、何分までには自分も化粧して・・・・・」って段取りを全て紙に書いていました。

それだけ赤ちゃんを連れて外に出ることは緊張とプレッシャーだったんですねぇ~!
特に、授乳をいつどこでするかってのは、赤ちゃんの死活問題に関わるのでかなり気を使います。
もちろんそれを上回る喜びもあるんだけどねっ!

助産師のおばあちゃんが言っていました。

世の中たくさんのママが赤ちゃんを連れておでかけしているけど、なんとも無い顔してサラっとしているけど、みんな授乳のタイミングなんかを計算しながら外出してるのよ~って。

そうなのかぁって思いました。

実際自分も今ではすっかりそうです。

電車に乗り継ぎ乗り継ぎ・・・ってやってるとき、授乳時間が空いてしまうとなんとも辛く切ない気持ちになる。
早くおっぱいをあげたいって焦って涙が出そうになる。

そんな思いをしながらも、赤ちゃんを連れておでかけを楽しみたいのです。
赤ちゃんと一緒に楽しみたいのです。

これからも色んな情報を集めて赤ちゃんとたくさんおでかけしようと思います。
[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-02 16:35 | 家族  

慣れてきた(息子ver.)

ただいま息子、生後4ヶ月半。

生まれたときは、視線もぼやっとして、手足もバタバタとただテキトーに動かしていただけでした。
テキトーに動かした手に偶然当たった何かをとりあえず掴む・・・という日々。

ところが3ヶ月ごろからおもちゃを握るようになり、しかも意思を持って「これを触りたい」というものに手を伸ばすようになりました。

私の顔も小さなおててでペンペンペン。
さわさわさわ。
確認しているようです。
最近はギュウウウ~っとつねったりもしてきます。

私が「イテテテテ!」っと言うと大笑い・・・(~_~;)

まだ早いだろうと思いつつ連れていった人形劇では、こちらの想像を遥かに越えていっちょまえに人形を目で追ってちゃんと真剣に見ていました。

風ではためく洗濯物を見つめたり、セミの鳴き声に不思議そうな顔をして木を見上げたり。

外には色んなものがあって色んなことが起こっている。
そんなことにもうすっかり気付いているんです。

外に連れ出すとキラキラの瞳で周りをキョロキョロ。
新しい物を見せると「なんだそれ!?」という顔をして反応する。

そんな姿を見ていると、あぁ、この子も外界に慣れてきたなぁ~っと毎度しみじみ思います。

お腹の中で守られていた頃とは違い、外の刺激から日々学んでいっているのです。
そんな息子の真剣な眼差しを見ながら、健康で人を思いやれる人間になって欲しいと常に思っています。
↓人形劇を見る息子
e0122770_004477.jpg
↓人形と記念撮影。
e0122770_0123.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-01 16:08 | 家族