「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

寺尾仁志さんの個展

先月のお話になるけど、お友達のアーティスト、寺尾仁志さんの個展へ行ってきました。

寺尾くんは、実は私の「ステップラタタ」というCDでギターやマンドリンで参加してくれています。

今回はその寺尾くんの音楽ではなく「イラスト」の部分に触れてきました。

本当は、こないだ鎌倉へ行った日しか個展期間中に休みがなかったので(一つ前のブログ参照)その日に行くつもりが、あまりに鳥に夢中になり時間切れになってしまい、最終日のギリギリ最後に駆け込む羽目になってしまいました。

仕事を終え、ダッシュで電車に乗り込み、本駒込へ。

入店のラストオーダーが19時半だったんだけど、本駒込到着が19時17分予定。
電車の中で、地図をガン見して降りたら迷わず行けるように頭に叩き込みました。
その様はまるで、ブラックジャックが停電の中でも手術ができるように、患部をガン見し続けた時さながら。
あ、例えがマニアックで分からん?


電車のドアが開いた瞬間からダッシュ。

なんで私はいつもこんなに走っているのだ?
朝も、昼も、夜も、「移動」といえばダッシュかタクシーだ。

途中でダッシュで自転車を追い越した。
我ながら笑えるくらいスゴイ。

そして個展会場のカフェ「おとら」へ到着。

時間は19時25分。

最終日のラストオーダー5分前。

既に会場は終わりモードで、ただでさえ静かなおだやかな時間が流れるカフェに、ぜぇぜぇはぁはぁうるさい客が舞い込んだ。

「はぁ~~~っ!着いたぁ~!間に合ったぁ~~~!まだ大丈夫!え?もう終わりっ!あ、大丈夫!?よかったぁ~。ほんとごめんねぇ~!!!」

うるさい。

でもね、紅茶の美味しいお店でね。
桃の紅茶を頼んで心臓を落ち着かせてみたよ。
e0122770_0434234.jpg
で、それから寺尾くんの作品を閉店までの30分間ゆっくり見ました。

寺尾くんの絵は、身近にある スニーカーとかヘッドフォンとか花とか、寺尾くんが好きなものが優しいタッチで描かれてとても人柄を感じる。

前に対バンしたときにも言っていたようなコトが、寺尾くんの絵本に書かれていた。
とっても好きな言葉。

『花(花だったか忘れちゃったけど・・・)たちは人間を励ましてやろうなんてこれっぽっちも考えていないだろうけど、そういうものから励ましを受け取れるように人間は出来ているんだ』

いい言葉だなぁ。

鳥もそうなんだよ。
鳥は、私たち人間を癒そうなんてこれっぽちも考えずに自由にさえずっている。
それを見た人間が勝手に癒されているのだ。

寺尾くんは言う。

「花や星や鳥そのものに励ましたり癒したりする力があるんじゃなくて、受け取る側の人間にそういう力が備わっているんだと思うよ。だから星を見ても何も感じない人もいれば、キレイだな、明日も頑張ろうと思える人がいるんだよ。」

なるほど!

なんて素敵な言葉!

寺尾くんの個展で寺尾くんにめちゃめちゃ励まされた私なのでした。

そして最終日の閉店20時に、第一回の個展めでたく終了~!という感動的なその瞬間にちゃっかり立ち会わせていただいたのでした。

寺尾くん、ありがとう!

ブログにUPしてもOKとのことだったので気に入った作品を。
e0122770_133814.jpge0122770_14062.jpg
[PR]

by kusanohiromi | 2012-05-27 00:26  

鎌倉の源氏山で一人パンプス登山

仕事の用事で休日を利用して横浜と鎌倉へ行ったので、わざわざ休日を仕事で潰して行くんだからただで帰ってなるものか!と、
一人で鎌倉の「源氏山」へ行きました。


地図に「源氏山公園」と書いてあったので山の麓の公園にきっと野鳥がいっぱいいるのだろうなぁ~なんて想像をして、「そうだ。それなら公園のベンチで『鎌倉カスター』を食べよう!」と鎌倉カスターを1個だけ買って手にぶら下げて行きました。

用事が全て済んだのが16時半で、天気も雨が降ったり止んだり降ったりで曇っていたため薄暗かったのですが、職場の後輩と別れた後一人で「私は鳥探してくるわぁ~!」っと源氏山へ向かいました。

住宅街を抜けて山の入口へ差し掛かるといきなり・・・。
e0122770_14464576.jpg
あら?ちょっと険し過ぎやしませんか?

雨水が上からチョロチョロと流れてくる。

登っていいものか迷いつつもせっかくここまで来たのだからと登りました。

おー、傘が邪魔だぜぇ~。登りにくいぜぇ~。
それもそのはず、仕事の用事で来ていたので私はワンピースにパンプス。
右手には傘、左手には鎌倉カスター。

途中手を使いながら登りました。

上に登ると普通の平地な感じで全然OK。

メジロ、エナガ、シジュウカラ・・・どんどん見つけます。

ウグイスって、鳴いている声はみなさんもしょっちゅう耳にすると思うけど、実際姿を見たことなくないですか?

私も実は、ウグイスは図鑑でしか見たことなくてこの日初めてウグイスを自分の目で確認しました!

しかも、さえずりの瞬間までしっかり観察☆

ウグイスって「ホーホケキョ」以外にも、“谷渡り鳴き”って言って「ピルルルルルルルル、ケッキョケッキョケッキョケッキョケッキョケケキョッケ・・・・」と鳴くんですけど、谷渡り鳴きって谷を渡るように枝を移りながら鳴くから「谷渡り鳴き」って言われている説があるんだけど、実際には移動せずに一つに枝にじっと止まったままで谷渡り鳴きをしていました。

それを発見できたことに感動!

バードウォッチングって奥が深い!
おもしろい!

で、どんどん進んでいくと「ピョウ、ピョウ」と鳴き声。
アオゲラです。(30cmくらいのキツツキ)
レアアイテムに出会えて大満足!

その代わり尋常でないヒトスジシマカにたかられている私。

血ぃ吸われまくり。

ガサガサと何かが動く音がして見上げると、頭上にリスが10匹ほど集まっていました。

わ~。野生のリス~♪

井の頭動物園のリス園でしか見たことないよぉ~!
ラッキーアイテムやぁ、とウキウキ。

そしてさらに冒険は進む・・・。

え!?
e0122770_14541819.jpg
急に道幅が人一人分になってしまいます。

私はワンピースとパンプス、右手には傘、左手には鎌倉カスター。

こ、怖い。
もう17時を回り、山には人っ子一人おりません。
雨も降ってきた。

行くしかない・・・。

ガサゴソ、ガサゴソ、ガサガサ・・・。
鎌倉カスター食べるとこあらへんがな。ガサガサ・・・。

そして。
e0122770_14563342.jpg
・・・・・・。
え~っと。

ここ、下りるんですか?

私はワンピースとパンプス。
右手には傘、左手には鎌倉カスター。

両手で岩を押しながら仕方なく進みます。
傘邪魔やな、鎌倉カスターも邪魔やな・・・。

私、こんなところで一人で何してるんやろう。

岩場を下り切ったところは墓地。

ふふふ。おもしろい演出だ。

と強がりつつ、実はすごいビビっていたのでした!

はぁ~!無事日が暮れる前に下山っ!
まさかこんな普通の山だとは思いもよりませんでした!

でも、この日見つけた鳥は
ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ウグイス、ムクドリ、ヒヨドリ、カルガモ、ハクセキレイ、ツバメ、トビ、スズメ、キジバト、ハシブトガラス、ハシボソガラス、コゲラ、アオゲラ、ガビチョウ、コジュケイ、おまけにリス!

あ~、楽しかったっっ!!!
[PR]

by kusanohiromi | 2012-05-25 14:42  

鳥の映画『ビッグ・ボーイズ』の試写会

野鳥研究科の「鳥くん」がお仕事で映画のコメントを書くというので、その映画の試写会に連れていってもらいました。

これです。
『ビッグ・ボーイズ~幸せの鳥を探して~』
e0122770_14122313.jpg
めっちゃめちゃ面白かったぁぁぁぁ~~~~っっっっ!!!

主演がなんとジャック・ブラック×スティーブ・マーティン×オーウェン・ウィルソンの大物3人の夢の共演。

ジャックブラックが主演という時点で面白そう!?と惹かれるでしょ?

この映画は、まぁバードウォッチングの映画なのだけど、侮るなかれ。
みなさんの想像するバードウォッチングのスケールを遥かに超えたぶっ飛びバードウォッチングなのです。

「ビッグイヤー」という探鳥競技が舞台なのですが・・・↓

「ザ・ビッグイヤー」。
それは1年間に北米大陸で見つけた野鳥の種類の数を競う、アメリカ探鳥協会主催の記録会のこと。
私たちがフツーに想像する「バード・ウォッチング」とは違い、出場者はみな、仕事や家庭生活に支障をきたすほど時間と資金を注ぎ込み、1年間に40万キロ以上を移動して鳥探しにあけくれる。
だが鳥好きにとってこの大会に参加するのは「一生に一度きりの夢!」。
本作はそんな風変わりな世界を、実在のルポルタージュを元に映画化。


というのは映画の解説を抜粋しましが、大の大人が仕事や家庭をないがしろにしてまでも鳥に夢中になり、時にはヘルコプターをチャーターしてまで探鳥する姿は本当におもしろい。

鳥好きじゃなくても十分楽しめると思う。

鳥好きなら尚楽しめると思う。

終始笑いっぱなし、でも時には感動☆☆☆。
ハクトウワシの求愛シーンは鳥肌もん。

交通事故に合ってまでもアカゲラに陶酔している姿はほんとおかしくてしょうがない!

笑ってばかりかと思いきや、ふいにかなりグっときたりウルウルもくる。

日本でも、海外でも、バードウォッチングの世界って一緒なんだなぁ~、って思った。

鳥好きの間での情報網ってものすごいもん。
どこどこに何っていう鳥が出たよ、とか
その情報をもとにいっきにバーダーが押し寄せるとか
一週間後に行ったら「あら、遅かったね。もう飛んでいっちゃったよ。」とか。

これを見ればよく分かる!

私は映画が大好きなので毎月何本かは見ているけど、間違いなく今年一番でした!!!

単純に心から笑えるし、感動出来るし、鳥とか自然とか愛おしく感じるし、是非たくさんの人に見てもらいたいと思います。

6月30日から新宿シネマートでロードショー!!!
観た方はもし良かったら感想聞かせてくださいね~。
[PR]

by kusanohiromi | 2012-05-17 14:09 | 生き物ネタ  

真昼の月夜の太陽でのライブ♪

5月8日は、東新宿真昼の月夜の太陽でライブをさせていただきました~!

もう何度も何度も出演しているのに、どうしてストレートにたどり着くことができないのだろうか?
本日も乗り換えに失敗。
ああ、難しいな。

セットリストは
1、宝箱
2、家族のじかん
3、宛名
4、エチュード
5、ステップラタタ
6、引力

でした。

宛名は、新バージョンでお届け。
すごくみなさんからの反応が良くてアンケートやTwitterにて感想をどうもありがとうございましたぁ~~~!

来てくださったみなさんには本当に感謝です。
いつもありがとうございます。

対バンの荒深菜摘ちゃんと。
e0122770_22562064.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2012-05-08 22:52 | ライブ・音楽  

好きなパンへの執着心

私はパンが大好き。

一番の大好物はルパというお店の「カフェロッティー」。
これが好きで好きで毎日に近いほど食べている。

まあるいパンにコーヒー味の生地をかけて焼いてあるんだけど、垂れた生地が周りにパリパリにくっついて(よくUFOって名前のパンもこんな感じであるね)めっちゃ美味しい。
中は空洞で、でも砂糖が付いていてかじるとその砂糖が「じゅわ~!」っと上下の生地に染み込んで、いや染み出して?きて口の中に幸せが広がる。

周りのパリパリ感と甘い砂糖とバターのジュワっと感が絶妙なハーモニーを奏でる。
たまらんのだ!

もしかしたら私はこのパン屋で「カフェロッティー女」とあだ名が付けられているかもしれない。

アンテンドゥだったら「富良野メロンクリーム」。

食パンなら神戸屋の「ざっくり食パン」!

コンビニのパンだったらセブンイレブンの「濃厚練乳ミルクフランス」が大好き!!!

そんな風にそれぞれのカテゴリーに好きなパンがある。

ルパは21時で閉まるので、それを過ぎるとパンはスーパーでの「ざっくり食パン」を狙う。

しかしスーパーの閉店を過ぎることもしょっちゅうなので、そうなるとセブンイレブンの「濃厚練乳ミルクフランス」を狙う。

ある日。

家の近所のセブンイレブンで。(ちなみに私はセブンイレブンのことをイタリア語でセッテウンディチとよんでいる。ウザイやろ?笑)

最後の一つの「濃厚練乳ミルクフランス」を手にとった。

よかったぁ~!あったぁぁぁ~~!
ギリギリでゲットできたぁ~!これで明日の朝の幸せは確保できた~!

この「濃厚練乳ミルクフランス」は実はけっこうな人気パンで、たいがい売り切れなのだ。

レジに持っていく。

「ピピ!」

ん?

店員さんがパンの袋を裏返して見ている。
そしてパンコーナーへ消えていく。
戻ってきた店員さんがこう言った。






「すみません。こちら賞味期限が切れているので他のパンを選んでいただけませんか?」






な、な、な、な、なんぬうぅぅぅ~~~!!!




他のパンなどいらぬ!




どうやら、0時を境に賞味期限が切れたのだ。
賞味期限が切れてからまだ30分も経っていない。
0時になると同時に食べられなくなるわけでもなかろうに。

「すぐ食べるんで、賞味期限なんて切れててもいいですよ。」と言ってみる。

「でもレジを通せないんで売れません。」とのこと。

「ではそのパンしか欲しくないので何もいりません。」

と私は頑固に何も買わずに帰った。

「世界では食べたくても食べられなくて飢えている人がたくさんいるというのに、こういうのすごくおかしいですよねぇ~!」っと店員さんに言って。

いつの間にか私はかなりのオバサンである。

でも本当のことだよ~。

日本、変!!!
私も、変???

あー、パン食べたくなってきたー。買いに行こー。
[PR]

by kusanohiromi | 2012-05-01 16:53