「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

さようなら立川

私事ですが、職場が3月1日をもちまして異動になりました。

今までは立川のショールームで働いていたんだけど、新宿ショールームで働くことになりました。

もう11月から決まっていたことで、先のことだと思っていたらあっという間に2月も終わりとなってしまいました。

立川ショールームに来て2年。

水を得た魚のように、毎日飛び跳ねて伸び伸びと、それはそれは楽しく元気に仕事をしていました。
メンバーが良かった。
最高に楽しかった。
みんな、男みたいにサバサバして強くて逞しくて。

もう時効だから書こう。

私は、この日のことを忘れることがないだろう。
今までにこんなことは一度もなかった。

接客業なのに、こともあろうに私はお客さんと大喧嘩したのである。

あるとき、常識外れの癇癪持ちのお客さんが来た。

オープン15分前に来店し、自動ドアをガンガン手で叩き、「中に入れないなら帰るぞ!」と叫ぶ。

仕方がないので「どうぞ中でお待ちください。」と言うと、「最初からそれ言われるのを待っとったんじゃ!」と言うものの癇癪を起して「もう帰るわ!」と一度は出て行った。

ところがしばらくすると戻ってきて自ら自動ドアを手でこじあげ中に入って来て、開店前からショールーム内をうろうろ。

しまいには「自動ドアが開店より2分早くスイッチが入った、お前の会社は開店まで客を入れない方針なんちゃうんけ!」という理不尽な言い分と「2分早くスイッチを入れた理由を述べよ」ということで10分間も頭を下げさせられる羽目になった私。
前の会社でもその前の会社でもクレーム処理は得意。
だいたいは私の丁寧な謝り方で最後には落ち着くのに、こいつは手強い。おかしいな、全然効かない、と正直思った。

「不快な思いをさせて申し訳ございませんでした。最初から中でお待ちいただくべきでした。」と何度も頭を下げ謝ったが許してくれなかった。

そして「お前のすみません、はほんまにすみませんと思ってない。」と言われ、謝ることすらできなくなり。(ま、実際悪いと思ってなかったしね。)

そのあとも、涙を堪え、悔しさを堪え、震える手と体をカタカタ言わせながら書類をめくり接客に入った。

新築現場。
これから1時間~2時間もこんな嫌な奴の建てる家のことに親身になって接客なんて私できない。

そんな思いでいっぱいだったけど、堪えて堪えて頑張った。

そんな中、その客は私のちょっとした言葉尻を上げ足を取って罵倒し始めた。

止まらない。

他のアドバイザーも血の気が引き、静まりかえるショールームの中で、私は怒鳴られ続けた。

しかも客の単なる勘違いによって。

お客様は神様なんかじゃない。こんなめちゃくちゃな言い分を聞き入れる必要は全くない。
おかしいことはおかしい!

カーンっとゴングの音が鳴った。(ような気がした)
そうして私は完全にキレた。

「そこ大事ですか?」
「だからさっきから何回も○○って言ってるじゃないですか!じゃあなんて言ったら納得するんですかっ!」

まさか言い返されると思っていなかったその客は、顔を真っ赤にして震えだした。

火に油を注いだらしい。

もう手に負えなくなった。

そこで出てきた我らがリーダー。
勤続11年目のベテランだ。

「もう下がっていいよ。」と私の肩に手をやり客と私の間に割って入ってきたリーダーは、まず客に「私どもの教育が至らずに大変申し訳ございません。」と深々と頭を下げた。

そして彼女はこう続けた。

「でも、彼女の言っていることは間違っていないんですよ。」

・・・・・・!!!!!

この言葉がどれだけ私を救ったか!!!!

リーダーはその後、憤慨して怒り狂う客を1時間も接客し続けたのだ。

凄すぎる。

立川では既に「伝説」と言われている前代未聞のこの事件。

リーダーには一生頭が上がらないし、相当感謝している。

その日、信じられないほど凹んでいる私に親友は「お客様と喧嘩するなんてありえへん。お客様は神様やで。そんなんは個々のホスピタリティーの問題や。」と説教した。

それが一番、喧嘩したことよりももっと、悶絶するほど悔しかったなぁ。

傷口にわさびとからしとハバネロを塗られたみたいな。

そんな立川での思い出。

2度の送別会と、みなさんからのプレゼント。

最後の出勤ではみんな泣いてくれて。。。

私の財産です。

最後の帰り道、なんとも言えない切ない気持ちになったのです。
ありがとう!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-28 00:59  

渋谷7thfloorにて

渋谷7thfloorに、大阪のバンドbloom fieldのライブを観に行った。

私の大好きな仲良しの兄貴、松下さんがドラムなの。

ベースのサンコンもボーカルのエイキチくんも、旦那の昔っからの友達であり、そしてサンコンにはこないだの結婚式でも会ったばかりで嬉しかった。

松崎ナオちゃんのイベントだったので、知り合いもたくさん来てました。

松下さんと打ち上げで話が盛り上がって、昔の私のブログ「ウォシュレット論争」の話になりました。

そもそも、松下さんが「あー、う○こしてウォシュレットしてスッキリ。」って安易な言葉を口にしたのが始まりだったウォシュレット論争。

もう何年も前の話だけど、あのブログが相当ウケたということで、再アップしようという話になったんだけど、もう私の昔のPCにも保存してませんでした。

当時、ノリに乗っていた私のブログは、おもしろいと評判で某ラジオ局なんかは毎日プリントアウトして新人に読ませていたというほどです。

ところがある日、突然サーバーごと消えてなくなってしまいました。

無料ブログの恐ろしいところです。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-26 00:51 | ライブ・音楽  

想像してごらん

ちょっと思ったことを書いてみる。
「想像してごらん?」
これはかの有名なジョンレノンが「イマジン」の中でしきりに歌っている言葉だ。

人間は想像することができる。

そして、自分が経験したことのないことは想像するしかない。

いくら想像してもその経験には及ばなくても、想像することしかできない。

人は、結局のところ一人だ。
だから他人の思っていることは「分かる。分かる。」と言ってもそれは想像でしかない。

本当に全てを完璧に理解することなんて絶対にできない。どんなに仲の良い友達でも、愛する家族でも、似たような境遇の人であっても。
ものすごく近いところまで想像することはできても、やっぱりそれは想像の域でしかない。

でも人は完璧でなくても「分かろう」とすることができる。
「分かってくれない」という気持ちになるとき「分かろう」としてくれる人がいることが、救いであり力である。
そして完璧に分かることができなくても「分かろう」とすることが愛情でもある。

「そんな想像甘いな。」と誰かが言ったとしても、私たちは自分が経験したことのないことは「想像」することしかできないのである。

人の痛みに敏感になり、誰かに思いを寄せるなら想像し合うことを止めてはいけない。

「分かってくれる人」より「分かって欲しいと思っている人」の方が人口過多である。
「分かってくれる人」を見つけることも、「分かってあげられる人」になることもとても難しい。

でも「分かろうとする人」になることは、いつでもすぐできる。

考えて、想像して、分かろうとする。

「そんなの違うよ。」と言われようとも。

想像し続ける。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-25 01:49  

読書のじかん

e0122770_1561467.jpg私の枕元。
ふと気付いたらこうなっていた。

得意のツンドク、だ。

にしても積み過ぎやろ(笑)。

本が好きで、本屋をブラブラするとつい買ってしまう。

でもまぁ、仕事と音楽とイタリア語と家事の合間を縫っては本を読み、今年に入って既に8冊を読破した。

読みかけの本もいれると11冊だ。

昔、それはそれは本当に本を読まない子で。

たぶん、1年に1冊~2冊くらいしか読まなかった。
しかも読書感想文の宿題でやっと読むくらい。

不思議なもので、今は本屋や図書館はものすごく好きで、買わない(借りない)日もタイトルだけはチェックして歩く。

最近は死刑や犯罪に関する本を中心に読んでいます。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-24 01:55  

昨日のライブ報告

昨日は東新宿「真昼の月夜の太陽」でライブでした。

久しぶりのライブだったから、衣装に気合入れたのよ~。
写真撮ってないけど・・・。

楽しかったぁ~!

前よりずっと声が出るようになったと自分では思うんだけど、どうだったんだろう???

それにしても、急遽出演することになった割には、対バンに知り合いがいて、知ってる顔・・・どころかいつも私のサポートをしてくれている東京60wattsの太郎さんや大山さんなんかも遊びに来て楽しい夜になりました。

青柳さんと。
e0122770_0311127.jpg
今まで青柳さんは、飲んでるところしか見たことなかったけど、ウッドベースを弾く姿はセクシーでかっこよかったよ。http://ameblo.jp/a-yagi/青柳さんブログ。
今夜は対バンの出演者全て、素晴らしかったねぇ~!

特に、walking down by lowが素晴らしかったね~。
ボーカルも歌詞がすごく素敵で心に刺さる感じ。歌い上げないザックリ感がまた雰囲気にぴったり。

ギターの子はみんな大絶賛だったけど、嵐のギターを弾いてるねんて。
さすがやね。
すごい人は若い時からすごいんやね。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-19 00:27 | ライブ・音楽  

急遽今夜ライブになった

一昨日「真昼の月夜の太陽」の店長古沢さんより連絡が来て、18日のライブ突然キャンセルが出ちゃったから歌いに来て、とのことで、本日急遽ライブすることになりました~。

新曲は練習不足でまだ出来ないけど、今までの曲を丁寧に心を込めて歌おうと思います。


こういうライブは変に構えず出来るからめっちゃ楽しみやねぇ~!

偶然にも対バンが知り合いだったので伸び伸び出来そう~!

お時間の許す方は是非!
2月18日(金)
東新宿「真昼の月夜の太陽」
18時半オープン
19時スタート
2000円プラスドリンク

私は一番に歌います。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-18 12:54 | ライブ・音楽  

ニューミューの先輩

結婚式から帰ってきたのが13日で良かったぁ~~~!

14日はいきなりの大雪でした!

そして14日は、13年ぶりに大学時代(私は短大部だったんだけど)のサークルの先輩に会いました!!!

私は「ニューミュージック同好会」略して「ニューミュー」に所属してたんだけど、その「ニューミュー」の先輩が東京に遊びに来るというので飲みに行きました。
ニューミューと言っても、バリバリのバンドサークルで、音楽バカの集まりです。
ライブ、音楽三昧の日々を送っておりました。

13年という月日はこんなに一瞬で流れるものなのか!

一緒にバンドをやったり、飲んだり、キャンプに行ったり、本当に良く遊んだ先輩です。

私が1年生のとき、春のオリエンテーションのキャンパスの中庭でのライブで、その先輩は腰までの長髪でエレキギターを弾きまくり、最後にはギターを地面に叩きつけてぶっ壊していました。

そんな先輩も今は銀行の支店長代理で3児のパパ!!!

そんなことってあるものですねぇ~。

人の人生って分からないものです。

あの先輩が、銀行でお客さんに頭を下げているだなんて、ほんとに信じられない。
おもしろいなぁ~。

飲んで店を出たら外は真っ白に積雪。これまた信じられない!

千さん、また東京に遊びに来て下さいねっ!
e0122770_0193687.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-14 00:10  

結婚式in大阪~!

e0122770_23451438.jpg2時間半寝て起きて、さぁ結婚式です。

旦那のバンドaeronauts(エアロノーツ)の親交の深いバンド「HAPPY UNDER RIVER」のギターボーカルと、エアロスタッフだった女の子の結婚式。

いやぁ~、さのっち美しかった~!モデルみたいでしょ?
e0122770_23534410.jpg
そして鐘を鳴らすという素晴らしい役に抜擢されたうちの旦那と安井くん(笑)!
e0122770_23542669.jpg
楽しそうに鳴らしてましたけど、なんでこの二人(笑)。

これはaeronautsのボーカルの松山弦大。
スーツが良く似合って、やっぱカッコイイです。
e0122770_23564247.jpg
新婦のお色直し中。
安井君は、これでもこの日のために頭を半分にカットしたのだそうです。毎回言うけど(笑)このアフロは天パなのですよ、彼は。後ろの右端はドラムの松下さん。松下さん好きやわ~~~!
めっちゃめちゃおもろい人です。
e0122770_23583483.jpg

e0122770_035197.jpg
↑そしてこれは、森のスープのパイ包み。

松下さんがフォークでガリガリ食べていたので私が「松下さんこれスープやからスプーンやで。」とスープスプーンを見せると、
「誰がこれを初めて見てスープやと思うねんっ!」と叫んでました。

確かに(笑)。

お色直しした新婦も一緒に。赤いドレスも良く似合う~!
e0122770_072478.jpg
aeronautsの演奏中。
e0122770_08371.jpg
仲良しのバンドマンとみんな同じテーブルだったのでツイッターでお互いにリツイートしながら結婚式に参加できなかった人にもお披露目できました。

あー楽しかった!!!

アガタさん、さのっち、本当におめでとう~~~!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-13 23:40  

ウキウキ大阪

旦那のバンド「エアロノーツ」の親交の深いバンドのギターボーカルと、長年「エアロノーツ」のスタッフをしていた女の子がこの度めでたく結婚することになり、エアロノーツ+私で大阪へ行きました。

夜の22時に車で出発。

雪が心配されていた天気予報。

車のチェーンも購入し、いざ出発。

バンドの車ってすごいよね。
機材が見事にパズルのように積んである。
ほえ~。感心~。

みんなで色んな話をしながら走る車の中は楽しい。

そして高速道路のサービスエリアでびっくり!

今どきのサービスエリアのトイレはデパートの比じゃないのねっ!!!

ウォシュレットは当たり前、更衣室に化粧室、そして全てタッチパネル式の案内板。
チャイルドコーナーに子供用トイレ。
トイレの個室の中まで素晴らしい充実ぶり。

お湯も出るし、寒くて冷たくて不快な思いは全くしませんでした!
素晴らしい!にっぽんのトイレ!!!

あんなに天気予報で心配されていた雪にも合うことなく、購入したチェーンも使うことなく、朝5時過ぎに大阪は堺に到着ぅぅぅ~~~!

そしてまっすぐ向かう、市場!

ここでみんなで天ぷらを食べるのだと!
e0122770_16222857.jpg
朝5時半だと言うのに天ぷら屋さんは満席で、最初外の席に通されたよ。
ここで一杯やって・・・
カウンターの席へ移動。
e0122770_16233074.jpg
そして不眠、早朝に天ぷらを胃袋へ~~~!
e0122770_1624825.jpg
美味しいぃぃぃぃ~!

これがめちゃ美味しかった!

こんなところなかなか来れないもんなー。
安いし最高!

そして結婚式までに3時間ほど眠るのです。
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-12 16:10  

吉祥寺でOHIO101

吉祥寺プラネットKへ、OHIO101のライブを観に行きました。

一日中ものすごく雪が降りしきった日でしたが、お客さんはいっぱいでした。

出演は3組。

OHAIO101、博多ザブリスコ、佐藤タイジ。

こぉ~~~んな素敵な対バンだから、そりゃお客さんもウキウキしちゃう。

しかもテンションの上がる出来事が!

ドリンクカウンターの前に、目立っていかつくて渋い兄ちゃんが。

見たことあるなぁ~、誰やったかいなぁ~、知ってる人のはずなんやけどなぁ~・・・と思っていると。

他の誰かがその人に話しかけた。

「シマゼン!」

わぁーーーーっっっっ!!!
シマゼンさんやぁ~~~~!!!

それは、私が熊本で音楽活動をしているとき、毎月福岡のプレアデスというライブハウスに出演させてもらっていたのだけど、そのプレアデスでお世話になった方でした。
東京に出てきてバンドをやっているという噂は聞いたのですが、実に6年ぶり?の再会でした。

あー、テンション上がった!

OHAIO101のライブはかっこよかった~。
いつもMCほとんどないのに今日はコセキさんがいっぱいしゃべってたね。

博多ザブリスコも、前から噂に聞いていた通りかっこよいライブだった。

そして最後の佐藤タイジさん。

シアターブルックの佐藤タイジさんですよー。

私は昔、吉祥寺のタワーレコードで働いていたとき、買い物にいらしたタイジさんと写真を撮ってもらいサインをもらいました~。

タイジさんのライブは、やっぱり一越え飛び抜けていて、アイドルを見る目で見つめてしまいました。

最近気付けば、自分も33になり周りを見渡すとミュージシャン友達も素晴らしいキャリアを積んだ方ばかりになっていてそれに慣れてしまっていたけど、タイジさんを見ると新鮮な「憧れ」の感覚を思い出しました。

ほう。

良い夜でした!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-02-11 15:46