「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

やっと・・・

本日7月30日、引っ越してきてから18日目にしてやっと。

テレビが映るようになりましたぁ~~~!

いやぁ~、色々大変でしたよ。

欠陥住宅を掴まされたのかと不安でした。

管理人さんに相談→管理会社→ケーブルテレビ会社→シャープ→リフォーム会社

という長い道のりを経て、やっと原因追究。

このままずっとたらい回しなのかと思ったよ。

ってなわけで、うちには休みのたびに作業員が出たり入ったり。
今日も3時間もいました。

まだまだドアの不具合や和室のカーテンレールの取り付けなどで、ゆっくりくつろげる日々は遠い・・・。

さて、出かけるまでの30分。
ブログでも更新しよう。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-30 17:55  

江の島での出来事

結婚式の夜は鎌倉に一泊して、その次の日。

人生で初の江の島に行きました~。

梅雨が明けて、いきなり35度を超え暑いのなんの。うひー。

江の島で兄家族と合流。

名物という「しらす丼」を食べブラブラしていると。

まだ17~18歳くらいの男の子が大道芸をやっていました。

それがすごいのなんのっ!

プロだねぇ~。

トークがめちゃくちゃうまい。
どう転ぼうが笑わせてくれる。

その巧みなトークに、通り過ぎるだけのつもりが全員ですっかり座って見物。

すると、後半の方の大技で、フープを投げる役にうちの4歳の甥っ子が大抜擢(笑)されてしまいました。

え~!
できるんかいなっ!

しかしそこは4歳。
もう夢中で見入っているので、「できる」とか「できない」とか関係ない。
周りの見物人の目も全く関係ない。

「投げてくれる?」とフープを渡された甥っ子は、周りを一度も見渡したりすることもなく、「うん。」と澄んだ目でまっすぐに大道芸のお兄さんだけを見つめている。

e0122770_243015.jpg
せーの!
e0122770_243155.jpg
すごい!
3つともちゃんとお兄さんが受け取れる場所へ投げた!
お兄さん受け取った!
そしてその輪っかをくぐった!

拍手喝采!

そして最後の大技へ。
e0122770_2441038.jpg
ええ~、そんなところで立つの?
そんなところでジャグリング???

できるの~???

e0122770_2444177.jpg
できたっ!

素晴らしいっ!

ここでお兄さん、自分の名前を言って「ブログに載せて広めてください~」って言ってたんだけど、ごめんなさい。

どうしても名前が思い出せないの。

ブログを3週間もサボったせいでその間に忘れてしまったんです~。

むしろこれ見てわかる人がいたら教えて欲しいくらい。

まだいくばくもない若い青年です。

でも素晴らしいです!

とっても楽しかった!ありがとう!

その後兄家族と別れ歩いていると。

ここは江の島。
人がたくさん。ウジャウジャ。

そんな中、ミケーレ二人(イタリア人の友達で二人とも同じ名前)にバッタリ!
実は、昨日は鎌倉でマッテオにバッタリ!

初の鎌倉と江の島で二日連続イタリア人の友達に会うなんて。

おもしろすぎるっ!ワハハハハ!

そして最後にかき氷っ!
夏はこれに限るねっ!
e0122770_251485.jpg
引っ越し後最初の連休は、こうして終わったのでした。

あー、いそがし!
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-19 02:35  

弟が結婚しました

e0122770_1564198.jpg7月18日、弟がめでたく結婚しました。

結婚式は鎌倉にある鶴岡八幡宮というところで行われました。

披露宴は逗子マリーナの中にあるリヴィエラというところ。

どちらも全く前情報も知識もなく参加した姉ですが、驚きましたっ!

鶴岡八幡宮ってめっちゃ有名なんですね。
梅雨明け最初の3連休の中日とあって、ものすごい人!
そして式典は真ん中のめっちゃ目立つ台?の上みたいなとこで(名称知らなくてすみません。)
あっという間に人に囲まれ、みんなに写メを取られまくり、人々の目にさらされての結婚式でした~。(それが狙いなんだろうけど。)

外国人に限らず日本人の方も暑い中式を見物されてましたよ~。
他人の結婚式見ておもしろいんやろかー。

まぁ、こんな可愛らしいお嫁さんなら見る価値もあるか~。
白無垢と袴のツーショットがすごくかっこよかったよ。

で、その式の間、4歳の甥っ子がやけに静かにしててエライエライと思っていたら、いつの間に拾ったのかダンゴ虫を手の中に持ち込んでおり、式典の間中こねくり回したためダンゴ虫はバラバラに分解され・・・。
神聖な神様の席にて殺生しておりました・・・。

あれま。

式典のあとは、親戚一同バスに乗り込み逗子マリーナへ移動。

これまた何の情報もない姉は驚きました。

「私の弟だから簡単な式」と自分と一緒にしてごめんなさい。

お嫁さんはしっかりと計画していたのね。

海沿いの超リゾート。

そこにある結婚式場は一面視界に海が開けていて、スコーンっと青が突き抜けて眩しいほどにキラキラでした!
e0122770_2992.jpg
e0122770_29416.jpg
親戚・家族一同が揃う前でクサノヒロミ「家族のじかん」を熱唱。
e0122770_213235.jpg
家族の前って、歌いにくぅ~(笑)。
お色直し後の再入場が心憎い!
こんな登場でしたー。バーン!
e0122770_2142285.jpg
ビュッフェも美味しくて、とにかく天気が良くて最高~☆
e0122770_2151428.jpg
爽やか!
e0122770_2231220.jpg


これで兄弟3人全員が結婚しました。

お父さん、お母さん、子育てお疲れ様でした。
ありがとう。
大きな仕事だったよねー。

かわいい弟よ、仲よくずっと幸せに長い人生を歩んでいってください。
e0122770_218047.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-18 01:55 | 家族  

ペース崩さず

引っ越してしばらく、吉祥寺シックにかかってしまいました。

何か不便があったり、ことあるごとに吉祥寺と比較してしまい
「比較しちゃダメ、比較しちゃダメ」って心の中で言い聞かせても

「え~!吉祥寺ではできたのに!」とか「吉祥寺にはあったのに!」とか思っちゃってました。

ちっぽけな人間。

で、引っ越してもペース崩さずボガに通っていました。

でもね。
ゆっくりゆっくり自分の街を愛していくために、毎日プチいいとこを探し歩いています。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-16 01:40  

人は誰もが先頭を走っている

吉祥寺から聖蹟桜ヶ丘までの道のり、私はこう思った。

人は誰もが一等賞。
誰もが時の一番先端を走っている。

まさか引っ越すなんて思いもしなかった数か月前。
1週間お腹を下すほど悩んだ家の購入。
引っ越し準備。

これは夢?
ほんとにあの大好きだった家を離れたの?
吉祥寺を離れたの?

確かに私は今電車に揺られている。

「ついに引っ越すんだ~」って家の中を見渡したのは昨日の夜。
暇だなぁ~って空っぽの部屋で寝っ転がっていたのはもう2時間前。

「今」がどんどん「過去」になる。

新しい一歩だ。

きっとこうして引越しの日のことも過去のものになっていくのだろう。

止めたくても止められない。
「やっぱタンマ!」って言っても止まらない。
時は進む。
そしていつでも自分はその先端にいる。
生まれてから死ぬまでずっと先端を走り続ける。
いつでも一番だ。


自分の選択と行動が、時と共に形を残していく。
きっとこれからも、良いことも後悔することも色々あるだろう。

だからこそ、笑える明日を作るのは自分だ。

そんな思いを持ちながら迎えた新居初夜。





3cmの巨大ゴキブリが歓迎してくれた・・・。





キャー!!!!!

前の家には一度も出たことなかったのに!

ちょっとだけ後悔した・・・(笑)。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-15 18:30  

引越しエピソード パートII

10時に荷物の運び出しが終わりガランとした部屋。

旦那は引越し屋さんを先回りして新居へ。

一人空っぽの部屋に残された。

「退去立ち合い」は午後1時。

さ、3時間・・・。

暇・・・。

最初の2時間は、「ハウスクリーニング業者でもここまでやらんやろ?」ってとこまで徹底的に掃除。

あとの1時間は暇ぁ~。

ってなわけで、携帯からブログの更新をしていたのです。

1時になり、業者の方がやってきました。

ドアを開けるなり「キレイですねぇ~!こないだ2階の人が出たんですけど全然違いますね~。」っと驚いてくれた。

せやろ、せやろ!(どや顔)
普段からお掃除しっかりしてキレイに住んでたからね~。

敷金100%戻ってくるかなぁ~?

・・・・っと思ってたら、クロスクリーニングと畳表替えは借主負担なんだって。
残念。
でもそれだけであと残り全部返ってくるんだって。

「退去立ち合い」も終わって1時半。

そろそろ新居へ向かいたいところだけど、今日のゴミ回収が終わってないがために、明日の可燃ゴミ(45Lゴミ袋4~5袋くらい!)を捨てられず。
かと言って家の中にもいられないので(たった今まで我が家だったのにもう入れないなんて・・・切ない。)アパートの廊下で雨の中ぼーっとしていた。

すると業者の方が。

「駅までお送りしましょうか?」と気の毒がって声をかけてくれた。

「でもゴミも捨てなきゃいけないんで。」というと

「ゴミは僕が捨てておきますよ。」っと。

なんと親切!!!

全然そんなこと仕事じゃないでしょうに、吉祥寺まで車で送ってくれたあげく、ゴミも捨てといてくれることとなった。

感激!

そしてボガでランチをして(旦那が荷下しをしているころ嫁はランチか・・・)吉祥寺を出た。

さようなら吉祥寺。ありがとう。7年間の日々。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-14 18:03  

引っ越しエピソード

(やっと快適にネットができる環境になりましたぁ~!)


「ピンポーン!」
引越し屋さんの鳴らすインターホンの音で目が覚めた私たち。

ヤ、ヤバイ!
引越しマニュアルによると、冷蔵庫の電源は前日には切っておかなければならないとか。
引越し屋さんのアドバイスによると、テレビやDVDなどのコードは抜いてまとめておかなければならないとか。

冷蔵庫もテレビもそのまんま。

朝お風呂に入ろうと思っていたので、お風呂も洗面所もそのまんま。

押入れは結局間に合わずそのまんま。

「すみません、今起きたので10分だけ待ってください。」と、顔を洗って着替える。
もちろんお風呂も入れなければ化粧もせずにすっぴん。

「お待たせしました。」とドアを開け招き入れられた引越し屋さんの見たものは、準備の終わっていない部屋だった・・・。

と、そんな追い詰められた状況の中。

うちの旦那がとった行動とは!

テレビのスイッチオンっっっ!!!!


なんでやねんっっっっ!!!

コードも抜いてまとめとかなきゃいけない状況で、今テレビ付けるかっ!?

一同ドン引き。

そりゃそうだ。

私が鬼の形相でテレビの電源を消す。

「弘美ちゃん、なんでそんなに焦ってんの?引越し屋さんが荷物はこぶ間に荷造りしたらええやん。」

どこまで呑気な旦那。

さすが前回の引越しでキャノーラ油1.5Lを全こぼししただけのことはある。
前々回の引越しで“おまかせパック”でもないのに「いらっしゃーい。」と引っ越し準備皆無の状態でみなを受け入れただけのことはある。

引越し屋さんはプロ。

ほんの数分で部屋の段ボールはすっかり運びだし、「これ詰めますからね~。」っと梱包まで始める引越し屋さん。
引越し屋さんが運ぶ間に平行して作業を・・・なんてことには全くならず。

ああ、私たち素人が間に合うはずもない。

ごめんなさい、アリさん。
ごめんなさい。

これでも数日前からちゃんと、最後に使うものだけをスーツケースにまとめて準備していたんですよ。

そんなこんなで朝8時に始まった作業は10時には終わる。
住み慣れた愛する我が家が空っぽに。

そして「退去立ち合い」は13時。

ああ、何もない部屋で。
暇・・・。

続く
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-13 23:48  

寝坊しました

ここ2ヶ月くらいスケジュールがパンパンでかなり走り回っていたのですが、最後の1ヶ月はひどかった。

休みの日ですら4時間睡眠の日が何回もあった。

睡眠不足で引っ越し三日前からは頭痛薬を飲みながら仕事と準備に追われていた。(まぁ遊んでるからなんだけどね。)

そんな中、我が営業所長の急な栄転により盛大な送別会が行われたり大きな節目もあった。

旦那は旦那で7月2日から「WASH?」とツアーに出ており、中3日帰って来たものの朝方帰宅しそのまま3日間全部バイト、しかも9時−21時。

そのあとライブまで観に行ったり(汗)。

引っ越し二日前も仙台でライブで、ライブ後そのまま運転して帰って来てそのままバイトに行き夜22時帰宅。

有り得ないハードスケジュール。


私の最後の分家リハの後ボガで落ち合いやっと一緒に食事。

するとそこに旦那のバンドのドラムの北出さんがやってきた。
なんとこのタイミングでバンド車の中に携帯忘れたのだと!

引っ越し準備のためにバンド車は私たちが借りていたのでわざわざ取りに来たのだ。


その後、ギターの森川さんの家にガスコンロやらプリンターやらあげるものを運び1時。

朝方4時過ぎまで頑張ったのだが、準備も中途半端なまま2人とも撃沈。

そして……。


「ピンポーン!」

という、引っ越し屋さんの鳴らすインターホンの音で目が覚めた。


「ヤバイ!準備終わってないっ!」

さて、どうなる!?


続く…
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-12 12:47  

最後の吉祥寺

吉祥寺駅からの最後の出勤。

駐輪場のおっちゃんともお別れだ。

父の日のプレゼントをあげるほど、慕っていたおっちゃん。

お金がないときはおっちゃんがポケットマネーで駐輪場代を建て替えてくれたり、イタリア行ってる間に契約期間が終了しても、またまたおっちゃんが建て替えてくれたり、とにかく優しいおっちゃんでした。
「元気でな。頑張ってな。」って言われたら急に寂しくなった。

いつも通りのギリギリ定刻に家を出たため名残惜しむ間もなくぎゅっと握手して「おっちゃんも体に気を付けて元気でねー!」とダッシュ(苦笑)。

この通勤経路での通勤も最後となる。


仕事が終われば自宅と吉祥寺を往復し、隣近所に引っ越し挨拶に行ったり、パソコン買ったり、分家でリハに入ったり、8つばかり用を済ませボガで一休み。


一つ一つ「最後」の作業が進む。

ちょっと切なく忙しい最後の夜なのでした。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-12 11:42  

弘美の引っ越し前夜

e0122770_481022.jpg

明日引っ越します。
[PR]

by kusanohiromi | 2010-07-12 04:08