<   2008年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

留学センター倒産

留学やワーキングホリデーの代行で有名なゲートウェイ21が倒産した。

実はゲートウェイは、私も留学する前相談に行ったことがあった。
結局、ゲートウェイでは決めなかったが、これは全然笑えない人事ではない話。

既に払った留学資金は戻ってこない可能性が高いらしい。
倒産時会社が抱えていた負債は12億を超えており、留学生が払った前金は9億円強。

留学前日だった方もいらっしゃれば、来春からの留学に早めがいいと200万一括入金をした方・・・などなど、たくさんの方が被害にあわれています。

私は3か月の留学だったけど、全部で結局120万円かかった。
学費とアパート代は65万円くらいだったけど、生活費や旅費や交際費がかさんだ。

そのお金を貯めるのに、どれだけ節約を頑張ったか。
月1万円生活を1年も続けて、どれだけ苦しかったか。

そんなお金と、楽しみにしていた留学が戻らない。

どれだけ悔しいか、悲しいか・・・。
それを思うと本当に人事じゃなく涙が出てきます。

しかも、それだけじゃなく、既に留学に行っている人たちは、学校への通学を突然中止され、ホームステイ先も追い出される始末。
「安心の留学」をうたっていたゲートウェイに、外国に一人ぽ~んっと捨てられてしまった状態。
留学生は何も悪くないよ。彼らは既にゲートウェイに学費もステイ代も払っていたのに。
ゲートウェイが学校とステイ先への支払いを滞っていたため、倒産と同時に道端に転がりだされるなんて・・・。

それにしてもこういう事態になって、一番腹が立つのが。
何にも知らない第3者が被害者を傷付けること。

「教えてgoo」に、被害者がこれからどうすればいいかを真剣に相談しているところに無神経かつ無責任極まりない発言が。

その人が言うには「留学斡旋業者はそもそも危険」。

そして「そんな人間が関わっている営業に「乗って」、留学している軽佻浮薄な日本人の人たちの知性も問われている」と言うのです。

そして最後に「被害者は自分の無知さと軽薄さを恥ずべき」だとのこと。


はい?

何を根拠に留学斡旋業者が危険?

私も留学センターを通して留学の手配をしてもらいました。

実際留学の手配は自分でもやろうと思えばできないことはないです。
でも、今からその国の言葉(もしくは技術)を勉強しよう、としている人が、時差が7時間も8時間もある国と、分らない言葉でやりとりを続け大金を払うのはどうでしょう。

しかも、普段仕事をしながらとか学校に通いながら・・・とかですよ。
すごい労力ですよね。
大きな不安もつきまといます。
契約の約款をイタリア語で送られて読めますか?ましてや技術を習得に行くために語学は二の次っていう人がこんなやりとりを自力でやっていては、留学前に力尽きます。

それに現地のトラブルもそうです。
私は1校目では大家とのトラブル、そして2校目では教科書代のことでもめました。
1校目は留学センターの人にメールをしたら、その日のうちに学校へ連絡を取ってくれアパートを変われるようにすぐサポートしてくれました。

2校目は自分でなんとかしようと学校のスタッフにつたないイタリア語でかけあいました。
パンフレットには「学費に教科書代を含む」と書いてあるのに、教科書代20ユーロを払えと言われたからです。
しかも、学校の都合で(生徒が急に減った)クラスが変わったのに新しい教科書代を払え、なんて。
おまけに私はその週が最後の週で祝日もあって、教科書はあと4回しか使わないというときに。

でもつたないイタリア語で交渉する私に学校は「1冊目はただ。2冊目からは払って」と。
「聞いてない。あと4日なのに。」と言っても「○○さんはもう払ったわよ。」

そこで先生に相談すると「それは私の仕事じゃないわ。スタッフに言って。」とまるでとりあってもらえませんでした。

このように、現地のトラブルにつたない語学力で自分で対応するのはあとあとシコリが残ったりします。
このときも、留学センターにメールをしたら、翌日には昨日までのやりとりがウソのようにあっさりと「ひろみ、教科書代はもう払わなくていいわよ。」っとなりました。

留学センターは危険なんかではないはず。
(危険なところもあるかもしれませんが、全部がそうとは限りません。)

それに私が出会った留学生の中で、自力で留学の手配をした人は1割以下です。

留学センターを通して留学をしようとしている人たちは、無知でも軽薄でもありません。
反省する必要は全くもってありません!!!

自分を責めないで頑張って欲しいと思います。

既に現地で放り出された人たちは、笑い話にできるくらい逞しく生き抜いて帰ってきて欲しいです。

ここぞとばかりに倒産の騒ぎに「乗って」ストレス発散とばかりに人を傷付ける発言をする反則を私は許しがたいです。

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-30 13:31  

居酒屋ひろみ

ずっとパソコンの調子が悪く、ここのところ旦那のパソコンを略奪占領しておりました。

そこで、旦那のバンド「エアロノーツ」のリーダー森川さんが、パソコンを直しに家まで来てくれました。
彼はPV作成をしたり、パソコンにとっても強い頼れるリーダー。

お礼にご馳走するよ、何が食べたい?と聞くと、「居酒屋みたいにちょこちょこちょこちょことずっと出てくるのがいい」と言ったので、色々お料理しましたぁ~。

セットリストならぬ、メニューリストです。

①だし巻きたまご
②子持ちししゃも
③鶏肉のごましょうゆ
④海老とブロッコリーのサラダ
⑤サーモンとポテトのチーズグランタン
⑥豚肉の特製ソースがけ

そして締めに、
⑦さんまの柚子胡椒ご飯。
最初はそのまま頂いて、お好みでだしをかけて・・・。

私はひたすらキッチンに立っていたのでお料理の写真はありませんが、出すごとに3人の「美味しい~!めっちゃ美味~い!」という声が上がっておりました。

私はこの、友達が遊びに来た時、隣の部屋でお酒を飲みながら楽しく会話しているみんなの声を聞きながら、一人キッチンに立つのは嫌いじゃない。
お手伝いもしてもらわなくていい。
私が出した料理を囲んでみんなが楽しんでくれていることが私の喜びになる。

お料理って楽しくて嬉しいね。
旦那が毎食「美味しい!」と言ってくれるので結婚してからお料理の腕がどんどん上がってます。

それにしても、結婚当初料理の評価が100点満点の6億点だったのが、最近では1000億を超えているので褒められいるのか、どれくらい美味しいのかまったくもってピンときません。

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-28 12:47  

熊本を愛する人

25日はシガキマサキくんのライブを見に多作へ、26日はmiu mau(元ネルソングレートのボーカル高島の新しいバンド)のライブを見に下北沢ベースメントバーへ行きました。

二人とも熊本時代からの仲良しです。

シガキくんのライブにあのTシャツを着て行きました。
そう、熊本城築城400年記念Tシャツ!

多作の階段を降りるなり、店長の元気さんに突っ込まれました。
「なんちゅうTシャツ着てるんですか!?」

だって、だって、だって。
普段恥ずかしくて着れないんだもん!

シガキくんのライブなら「あ、あの人シガキさんを応援しているんだなー。」程度で済むもんね。

でもさ、こないだこのTシャツを着て、うっかり吉祥寺の「熊本物産センター」に入ってしまったのです。

吉祥寺にある「熊本物産センター」をご存じですか?
吉祥寺にいながらにして、熊本のほとんどの食べ物を購入できるという、すごいパラダイスなのです!
平日も土日もいつだって賑わっています。

そんな「熊本物産センター」に、熊本城Tシャツでうっかり入店。

ハッと気付くと「どんだけ熊本好きやねんっ!」って人になっていましたー。
しかも店内では自然と「センタープラザ」のテーマソングを口ずさんでいたというから恐ろしい。
(※熊本の人にはお馴染みの曲。交通センター地下のセンタープラザのテーマソング。歌詞とメロディが強烈なアッパーパンチをくらわす一度聴いたら忘れられない曲です。)

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-27 02:51  

プレッシャー

人気ブログランキングに参加し始めたはいいが。
参加し始めてちょうど2週間。

集計が30分刻みだから、4日も更新しないと順位が40位くらい一気に下がるのね。
せっかく30位代までUPしたのに、私のさぼり癖のある性格では毎日更新するのは厳しいなぁ。

もし、覗いてみて更新されてなくても、ぽちっとだけ押してもいいんですよ。
なぁ~んて。

プレッシャーに負けず、頑張りまーす。

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-26 02:45  

とんだ勘違い

私はとんだ勘違いをしておりました!

皆様にお詫びしなければなりません!!!

24日の白昼夢に驚くべき間違いがあります。

今朝、イタリアからメールが。
「時間がないから用件だけ言うけど、capelli(髪の毛)とcappello(帽子)は綴りが違うよ!単数形と複数形じゃないよっ!」っと!!!

はっ!?どういうこと!?

そうなのっっっ!!!!

私は帽子の複数形が髪の毛だとずーーーーっと思っていました。
実際発音ではほとんど差がないので誰も私が勘違いしていることには気付かないから指摘もされない。

今回のこの友達のメールを見てすぐに辞書を開くと。

あれま、ほんとだ!

capelliはPがひとつ。
cappelloはPがふたつ。


なんてこった!

単数形と複数形ではなく、似てるけど別の単語だったんですねぇ~~~。

なので昨日の日記の「帽子がない!っと言いたかったのを毛がないっ!」と言ってしまったことには相違ありませんが、単数形と複数形ではないということです。
ごめんなさい。

独学の恐ろしいところはまさにこれです。

・聞く人がいない。
・間違って覚える。
・指摘される機会がない。
・間違ったまま信じ込む。

実際他にも間違ったまま覚えて使っている言葉がいくつかあって、イタリアで指摘されました。
指摘されるのはまだ良い方で、実際の会話の中では相手が言いたいことを汲み取ってくれるので指摘されることはなかなかありません。

ああ~、きっとまだまだ勘違いがいっぱいあるんだろうなぁ~!

恥ずかしい~!
自分の恥を世界に晒してしまったよぅ~!

そしてごめんなさ~い!

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-25 02:32  

失言

今日は、友達がイタリア人とやっている「magnolia」というバンドを見に行きました。

不純な動機で申し訳ないですが、イタリア人と会話ができる!っとめちゃめちゃ楽しみにして行きました。

ボーカルとギターがイタリア人で、リズム隊が日本人です。

歌詞がイタリア語と日本語半々なのがとても面白く新鮮。

そしてやっぱりお客さんもイタリア人が多い。

あら、東京にこんなにイタリア人がいたのねと驚きました。

終わってから、外でイタリア人の方としゃべっていると。
別のイタリア人がやってきました。

「Piacere,mi chiamo HIROMI.(初めまして弘美と言います。)」
「Piacere,sono DAVIDE(初めまして、僕はダビデです。)」

と、そこで気付きました。

ギターの人もダビデという名前なのです。

そこで「あら?ダビデならさっきのバンドのギターの人と同じ名前だね。」っと言うと。
「僕だよ。」と彼。

あ~!失礼しました!

ギターの方はステージ上で帽子を被っていたので、帽子がないと随分違う雰囲気。

そこで私は言いました。

「Ahh!senza capelli !(センツァカペッリ)」
おいおいおい、それを言うなら「senza capello(センツァカペッロ)」でしょ。

帽子がないって言いたかったのに、毛がないっと言ってしまったのです。
しかも元気よく。

複数形(capelli)と単数形(capello)では意味が違います。

はい。
確かにその方は、高橋克己さんくらいのお頭をしていらしゃいました。
「いや~そうなんだよね~毛がないんだよ~。」と笑っていましたが、周りも笑うしかないけど心から笑えないような微妙な空気が走りました・・・。

でも今更「いや、capelloって言いたかったんだよ。」と言い訳を言ったところで実際に毛がおありにならないので手遅れ。

初対面でとんだ失言をしてしまったのでした。
傷付いてないならいいけど・・・。心配・・・。

複数形と単数形には注意しましょう。


★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-24 02:28  

独学と書いてヤル気と読む

さて、これで仕事の話はおしまいっ!!!
今後仕事の話はもうしません~(たぶん)。

これからはアーティストクサノヒロミで突っ走りますね。

って、元々このブログには音楽の話なんてほとんど書かないけど(笑)。

さて、来週はイタリア語検定3級の試験。
(・・・って早速イタリア語の話っ!?)

相も変わらず独学です。

なんかさ。

独学が好きなんですよね~私(笑)。

なんか、ガッツがある感じがするし。
ま、本当のところ節約のためなんですけどね。

でもあれですよ。
3級に受かれば語学大短期大学部のイタリア専攻科卒業程度の語学力ですよ。
2年間の外大短期大学の学費丸儲けと考えれば・・・。

超お得!!!

それにしても私。
「イタリア」と書いてあるものを見るとついつい買ってしまう癖が。
いつの間にか本がこんなに。
e0122770_1492115.jpge0122770_1494624.jpg
あ~、幸せ。

★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-22 01:31 | イタリア  

人生の選択

仕事が決まりました!

努力が報われました!

こんなに「頑張った」と思ったのは久しぶりです。

誤解がないように言っておきますが、音楽を辞めるつもりも手を抜くつもりもありませんよ。
仕事が決まってこれでやっと音楽へ何の心配もなく力を注げます。

理解してもらえるように説明するのは難しいけど、
いや、もしかしたら理解してもらえないかもしれないけど。

音楽のために、と割り切って好きでもない仕事をするほど私は器用ではないし、心が分厚くないのです。
一日の半分を苦悩と葛藤で溢れさせていた不健康な日々から脱出したかったのです。

もちろん音楽で食べていければ他に仕事をする必要もないんだけど、色んな選択があっていいと思うのです。

私が何で歌うのかを突き詰めていけば、人を幸せにしたい、自分も幸せになりたい、誰かの支えになって必要とされることで自分は生まれてきて良かったと思いながら死ねる。
頑張れば頑張るほど自分の理想の世の中に近付ける、そのことに貢献できる仕事がしたかったのです。

歌を歌っていない間も、一生懸命仕事をするからには自分の人生の軸からぶれない生き方がしたい。

そして私が目指した仕事は「キッチンスペシャリスト」だったのです。

世の中をより良くしていくのは、なにも特別な活動をしている人ではなく普通の幸せな家族だと思うのです。

キッチンが快適で使いやすいと、お母さんはお料理に腕を振るいます。
お母さんがお料理を作る家には家族が帰ってきます。
美味しいご飯を食べながら家族で食卓を囲む習慣こそが、犯罪を減らす地道な第一歩だと思うのです。
家庭の幸せはキッチンから、世の中の平和は一つ一つの家庭から。

キッチンから発信できるものがあると思うのです。

そのことに気付いたとき、音楽生活を支える仕事はこれしかないと天から光が差しました。

しかもよくよく考えれば昔から建築が好き、水周りが好き。
ウォシュレットをイタリアに広めるという夢も手伝って、水周りの会社にこだわって就職活動をしてきました。

トイレほど、全ての人が毎日、しかも一日に何回も使う製品って他にないと思いませんか?
トイレが変われば世界が変わる。
これは決して大げさじゃないと思うのです。

ウォシュレットをイタリアに広めるという夢は今のところ保留ですが、大手キッチンメーカー(水周り)にショールームアドバイザーとして就職が決まりました。

まず、そもそも中途採用をしていない会社が多く、していても条件が「大卒、大学院卒」もしくは「業界経験3年以上」や「建築士やキッチンスペシャリストなどの有資格者」。

狭き門でした。

未経験。学歴もない。
30歳から一から勉強しなければならないのです。
CADだって使ったことどころか見たことすらない。

熱意さえあれば伝わるとたかをくくっていたら、4社連続書類選考落ちの門前払いでした。
他にも履歴書を送ったり、メールを送ってみても何の音沙汰もなし。
熱意を伝える場さえ与えられなかったのです。

未経験でこの分野に挑戦するのは、もう私の年齢じゃ無理なのかな・・・と落ち込んでいたそのときでした。

ある会社が「会ってみたい」と連絡をくれたのです。

苦手な数学も勉強して、今更政治や憲法を勉強して。
ショールームも競合他社8件に見学に行って。
何を聞かれても答えられるように自分の意見をまとめて。

いざ面接&試験。
面接はいきなり取締執行役員4人との上役面接でした。

緊張したー!
でも一ついいことを発見ました。
首の後ろに冷えピタを貼って面接に臨んでみたんだけど、そうすると頭に血が上らず冷静に答えることができたのです!
是非お試しあれ。

しかし、年齢と結婚して2年ということで「子どもを生んだら続けられないでしょう」という話が半分以上。
「熱意は十分伝わりました。」って言われたけど、もうダメかな~と思い合否の連絡がいつもらえるかすらも聞かずに帰りました。

15時半に面接が終わり、その2時間半後。
18時に私の携帯が鳴り、採用決定の連絡がありました。

いや~。
嬉しかったです。

諦めないでよかった。

人生、やりたいことを諦める必要はない。
何かを捨てる必要はない。

自分の信念に忠実に一生懸命やること全てが、たった一つの最終目標へと導いてくれる。
そう思います。

音楽で食べていく覚悟のない人間の音楽なんか聴きたくない、と思うならそれはその人の選択だけど、この生き方が私の人生の選択です。

私はこれから一から、建築とCADと専門的な勉強を始めます。
歌を歌うこと、家族が集まるキッチンを作ることで愛する人が幸せに生きていける世の中に近付く微力ながらのお手伝いがしたいから。

金銭的余裕も出てくると思うので、そしたらCDを作りたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

最後に私の大好きなイタリアのことわざ。
「Non'e mai troppo tardi(ノネマイトロッポタールディ)」

何事も遅すぎるということはない。

最後までお読みいただきありがとうございました。

クサノヒロミ

★人気ブログランキングに参加し始めました!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-21 14:27  

決定的瞬間

イタリアに思いを馳せる日々です。

下の写真は、今年6月に行われたユーロ2008の決勝にて。

ユーロ2008で、イタリア中はサッカー一色。
しかしイタリアは負けてしまい、決勝までいけませんでした。

決勝は、スペイン対ドイツ。

この写真の左側の女の人がスペイン人で、右側がドイツ人です。
いずれもイタリアの語学学校の先生と生徒。

決勝をみんなでバールに集まって外の大きなスクリーンで観ていました。

ピー!っと試合の終了を告げるホイッスルの音。
その瞬間スペインの優勝が決まりました。

そして、敵同士隣で仲良く観戦していた二人を振り返ってシャッターを切ると。
このような写真が撮れたんですね。

とっさの二人のポーズ。なんと分かりやすい!
とってもお気に入りです。
e0122770_0325561.jpg


★人気ブログランキングに参加し始めました!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-20 00:26 | イタリア  

平はまだ28歳

ご無沙汰してしまいました。

わたくしごとですが、転職活動がいよいよ佳境に入っておりまして、ここ数日は集中しておりましたー。

9月17日のことですが、親友のシンガーソングライター平絵里香の誕生日ライブに行っておりました。

自分の誕生日ということで、マイペースなライブでゆるりとしててこちらもリラックスできた。

明るさを加工するもの限界だった二人のツーショット。平はまだ28歳です。
e0122770_0205017.jpg
最後の曲で平ちゃんが、「神様ありがとう」とためて歌う一番の聴かせどころで。

「神様ぁ~・・・(ためて)池ぽ~ん!」と私の旦那の名を叫びました。
で、「えっ俺神様?」
「あ~りがと~♪」
という具合に歌が終わりました。

なんじゃそれー(笑)。
自由過ぎる~!

ちなみに、平ちゃんと私の旦那のツーショットは、デジカメが旦那の顔だけ顔と認識してくれず旦那だけ真っ暗になってました(笑)。
その様子は平絵里香のブログでご覧いただけます。http://blog.qlep.com/blog.php/116457

それでは!

★人気ブログランキングに参加し始めました!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-19 00:17