<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

歳をとる

e0122770_19491362.jpg夕方お散歩していると、目の前にすーっと籠が下りてきた。
見上げるとそこには4階から籠を下ろすおばあちゃんの姿。

すると、下のバールのご主人が籠の中のお金を受け取り、おつりとパンを入れた。
そしてまたするすると籠が昇っていく。

わー!!!本では見たことあるけど本当に今もこんな暮らししてるんだっ!!
感動して急いでシャッターを切る私を、たむろしているおじさんたちとバールの娘さんが珍しがって笑う。
「見てみて!あんなものを写真に撮ってる!」

いやいやいやいや!
こっちはそれが珍しいんだってば!

おじさんたちは5人くらいがベンチに腰掛けておしゃべり。

イタリアでは(特に南ですが)おじさんたちがバールや広場のベンチに集まってよくトランプをしている。

広場はイタリアにはなくてはならない存在で、昔から人々の生活の中心にあり、憩いの場。
広場を中心に町が在る。
そこでレース編みをするおばあちゃんや、特に用もなくなんとなく来ておしゃべりをする人々の姿がいつでも見られる。

イタリアで歳をとるのは楽しそうだなって思う。

たとえ家で一人きりでも、友達が亡くなってしまっても、広場に来れば必ず誰かととめどないおしゃべりができるのだから。

そしてどのおばあちゃんもいくつになってもおしゃれを楽しんでいる。
真っ赤な花柄のスカート。
目が覚めるような空色のワンピース。
新緑のようなグリーンのシャツに色とりどりのスカーフ。キラキラのアクセサリー。

「生きる」ということは最後まで「楽しむ」ということだと見せ付けられている気がする。

人生最後まで守りに入らないその情熱が・・・・。

好きです。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-28 19:41 | イタリア  

prego(プレーゴ)に魅せられて

Prego(プレーゴ)。
イタリア語で「どういたしまして」。

私はイタリア語の「響き」がとても好きだ。
イタリア語は日本語と同様、言葉の響きがとても美しい言語。

buongiorno(ボンジョルノ)・・・「おはよう」
innamorato(インナモラート)・・・「恋をする」
「切手」なんてfurancobollo(フランコボッロ)!可愛いでしょ?

初めて一人でイタリアに来た時、電車の中で、バールで、タバッキで・・・
外国人の私に対するイタリア人の親切心に驚かされた。

道を譲ってもらって「Grazie(グラッツィエ)」(ありがとう)と言うと、明るく「プレーゴ!!」。
店の前で入ろうかどうしようかとウロウロしていると「プレーゴ!プレーゴ!(どうぞ、どうぞ)」と、この言葉が返ってきた。

その響きの心地よいことっ!

そしてなぜか「Prego(プレーゴ)」と口にするときのイタリア人は、なぜかみんな得意気な笑顔になる。
私はこの「プレーゴ」聞きたさに「グラッツェ」と言って歩き回ったほどだ。

まだ日本人の少ないこの町「サレルノ」では、珍しそうに見られることもある。
そんなとき「ボンジョルノ!」と言うと、にこっと笑顔になって「ボンジョルノ!」と返ってくる。

もう日本ではあまり見られなくなっってしまった「知らない人にも挨拶をする」という習慣が、イタリアではずっしりと残っている。

決してコミュニケーションを避けようとしないイタリア人。

きっとこの美しい言葉のやりとりが皆をそうさせる魔法なのかもしれない。

だから私も誰かの笑顔が見たくて、今日も町に出る。
人の集まる広場に行く。

ちょっと照れながらおせっかい。
そして「グラッツェ」と言われたら、笑顔で大きな声でこう言うのだ。

「Prego(プレーゴ)!!」
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-27 19:39 | イタリア  

グロッタアズッロ

e0122770_21215398.jpg
これが有名な「青の洞窟」です。

水の透明度には本当に驚かされます。
船の上からでも透き通った海の色に胸を打たれます。

この自然。
守らなくちゃって思います。

イタリアの海はほとんどゴミも浮いてなくて、本当に美しい。
そもそも海は、こういうものだったんだ。
これが「海」だったんだ。

こんなにたくさんある水が濁るまで、人間が汚してるんだ。

キレイな海を見にわざわざ日本から大金と時間をかけてくるんなら、まずは日本の海を美しくする心がけを忘れてはいけないなぁ・・・。

おっと、話が真面目になってしまった。

青の洞窟へは、カプリから周遊ボートに乗ります。
そして、洞窟の前で小さな手漕ぎボートに乗り換えます。
この洞窟の前での待ち時間が一時間ほど。
最初から順番を決めたりしないイタリア風のやり方に合わせて、のんびり待ちます。

手漕ぎボートのおっさんは、みんな声がやたらにデカイまさに南イタリアの男たちです。

陽気に「オーソレミオ」や「フニクリフニクラ」や「サンタルチア」を歌ってくれます。

ボートのおじさんに尋ねると、この時期カプリに来る観光客は一日2~3000人。
その中の500人が日本人。
こりゃたまげた。

ちなみに世界の50人に一人は日本人。そりゃどこに行ってもおるわ。

洞窟の入り口はとても狭く、波が高い。
私たちはボートの底にぺったりとへばりつくように仰向けに。

タイミングを見計らっておっさんが体を沿って一気に洞窟の中へ入ります。
職人技だわー。

で、陽気なおっさんが私に、「青の洞窟の中で泳ぎたいか?」と。
「え?本気で言ってる?」
「もちろん、本気さ。水着着て来てるだろ?さ、ここに座って1、2、3!」

じゃっぽーんっっ!
一瞬で服を脱いで掛け声に合わせて飛び込んじゃいました。
e0122770_21213465.jpg
泳いでるのは私一人。
他の人から変な目で見られたけど、でも気持ちよかった~!!!
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-26 21:10 | イタリア  

落ちこぼれ

ずいぶん開いてしまいました。

先週、木曜日と金曜日と二日続けて頭痛で寝込みました。
イタリアに来て初めての体調不良。

原因は、勉強のし過ぎです!絶対!

今の学校は、本当に恐ろしく難しい!!!

文法は過去完了とか半過去やってんのに、普通それを使っていろんなパターンを練習したり、それを使ってしゃべったりするのに、ここの学校はいきなり論文を読んで問題に答える。
しかも、答えがひとつじゃない場合が結構多いです。
理解した上で「あなたならどうする?あなたの場合は?」的な問題。

文法はとっくに日本でもやったとこなのに、文章の中に50個も60個も知らない単語が出てくる。
50も60も知らない単語があると、はっきり言って何のことが書いてあるのかさっぱり分からない。

だから当てられたとき「全然分からない」って言うと「なんで分からないの?どれが分からないの?言ってごらん。」

・・・・。

(え、言えって?
50個もあるんですけど・・・。)

せいぜい言えて5個までです。
授業止めちゃうし、知らない単語を説明してくれる中にまた知らない単語が出てくるので、もう永遠に終わりません!!!

最初のうちは張り切って「ちょっと待って!今のとこ分からないんだけど。」なんて質問してたけど、もうとても全部質問しきれる量じゃないので疲れてしまいました。

家でも勉強するけど、単語を調べるだけで体力が奪われ・・・。
こんなんじゃせっかく習った文法を実生活で使いこなせるようにならへんやん。
こんな授業がためになると思ってんのかなぁ???
全く身にならない授業・・・。

で、寝ようとしても頭の中をイタリア語がかけめぐり・・・・。

頭痛を起こしました。

学校が苦痛で仕方ありません。ほんと。
先週1週間は実はかなり落ち込んで欝入ってました。

しまいには「何で電子辞書使わないの?日本人はみんな使ってるのよ。これはとってもいいらいよ。」とか言われ、先生が隣のクラスに駆け込んで日本人から電子辞書を借りてきて「ひろみ、ほらコレ意味分かるでしょ?」とか見せられ。

いやいや、そうじゃなく。
この単語の意味は分かるけど、他にも大量に知らない単語があるから全体的に分からないんだよっ!!!

授業を止めて集中的に説明を受けている間、ほんとちょっと泣きそうになりました。

その説明も分からんっちゅうねんっ!

なんでこんなに分からないんだろう。
前の学校ではちゃんと分かってたのに。毎日「ふむふむ。なるほど。へぇ~!そうか!」ってどんどん吸収してたのに!

登校拒否寸前です・・・。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-25 04:13 | イタリア  

青の洞窟

カプリ島へ行きました。

なんと、青の洞窟の中で泳ぎました!

でも、大失敗しました。

日焼け止めを塗ってなかったせいで、やけど状態です。

イタリアの習慣に則って調子乗ってたら・・・
別人のように真っ黒です・・・。

写真は後日。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-23 04:18 | イタリア  

ポジターノ

e0122770_5391158.jpgさちこさんとポジターノへ行ってきました。

着いてすぐ。
あまりの素敵さに泊まることに。

町の人やレストランの人に聞きながら、素敵な素敵なホテルに辿り着きました。

ブーゲンビリアと空の青と海の青にレモンのコントラストが美しい町ポジターノ。
その美しさにはため息が漏れます。
e0122770_5394669.jpg
レモンシャーベットを売るおばさん。
砂浜では地元の中学生が合唱を。この先生がとにかく素敵でその情熱に感動してしまいました。
e0122770_540223.jpg
その後、町で一番古い「マリアランポ」という洋服屋さんに行きました。
マリアさんは旦那さん亡き後も一人で店を切り盛りするおばあちゃん。
マリアさんはこのポジターノの歴史と経済に貢献・・・むしろ変えた人と言っても過言ではありません。

昔ポジターノが貧しい時代に旦那さんと二人で始めた洋服屋。
それが流行って、今ではポジターノは南のファッションの町として知られるほど。
マリアさんに負けじと、どの店もオリジナルのデザインのものを作って売っています。
見ているだけでもとても楽しめる町です。

「マリアランポ」ができた由来を昨日のことのように嬉しそうに語ってくれるマリアさん。
「この雑誌には私のことなんて書いてあるの?」っと聞いてきたので「町で一番古くて一番有名で、今ではハリウッドスターも訪れるほど・・・」と訳すと、すぐに写真をたくさん見せくれました。

その中にダスティンホフマンもいました。
そこで素敵なスカートを買いました。
マリアさんはいつも爪と髪をきれいにして、おしゃれをしてお客さんを迎えています。
e0122770_541348.jpg


その後、同じく「旅」に載っていた骨董屋さんにも行きました。
ここのおじさんはポットをまけてと言うと「disconto?って何?それはイタリア語では聞いたことないな。ああ、君の名前がdisconto?」とか本気でとぼけやがったのでちょっとむかつきました(笑)。

友達に「これ俺」と自慢するおじさん。
e0122770_5411883.jpg
e0122770_5413443.jpg
ポジターノ。サレルノからフェリーで1時間くらい。魅力いっぱいの町でした。
e0122770_5423189.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-15 05:40 | イタリア  

噴火で時が止まった町ポンペイ

e0122770_585118.jpg金曜日の午後、一人でポンペイに行ってきました~。

76年だっけ?
ヴェスヴィオ火山による噴火で埋もれてしまった町。

紀元前に栄えた町なのに、居酒屋やパン屋やメルカートや大衆浴場や売春宿・・・と基本的生活は今とほとんど変わらないと言う。

やたらと広いポンペイを一人でテクテク。

埋もれてしまった人がそのまま石膏でかたどられて残っててショック。

でもその後子猫ちゃんを見つけて癒されました。
e0122770_593413.jpg
とそのとき。
旦那さんから電話が。

「今日イタリア試合やで!何ポンペイにいるん?帰ってサッカー見ないと!」
おう!ユーロ2008.

ファミリーもかなりの盛り上がり。
サレルノはイタリアの試合の日、ほとんど人通りがなくなります。

ユーロ2008の雑誌を日本でわざわざ買って持ってきてたのに、サレルノに来る前日にフィレンツェの郵便局で重いから捨ててしまった私。

急いでポンペイの遺跡を出て、バーガーキングに駆け込みました。(テレビがあったから)
小さいハンバーガーとビールを頼んだら8ユーロもして(1400円くらい!!!)ショック!
箱を開けてまたショック!
ハンバーガーが6個も入っているではありませんか!!!

そう。
私が頼んだのは小さいハンバーガーが6個つながって1個になっているでっかいハンバーガーだったのです。

ステイ先でご飯でるしこんなのいらないよ・・・。

ま、後半は見れたので無駄な出費でしたがしょうがないとするか・・・。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-14 05:05 | イタリア  

ヴィエトリスルマーレ

同じ日に入学した日本人のさちこさん(62才)と隣町のヴィエトリスルマーレに行ってきました。

ここはチェラミカ(陶器)の町。
シチリアみたいに観光客向けのものではなく、それぞれのお店に職人がいてどこのお店も自分のお店のオリジナルを売っています。
だから同じものはありません。
e0122770_4463138.jpg
e0122770_4494188.jpg
もうこの町がめちゃくちゃ気に入りましたっっっ!!!
こんな素敵な町なのにどうして地球の歩き方に載ってないんだろう。

町全体が陶器屋さんって感じ。
至る所にタイルや陶器があります。
e0122770_4492980.jpg
どうして私がこの町を知ったかと言うと、「旅」って雑誌に載っていたのです。
大事に持っていったこの雑誌をバールで隣に座ってるおじさんに見せました。

「これ、日本の雑誌なんだけどこの町のことが載ってるんだよ。」
「何々本当かい?」っと嬉しそうに覗き込むおじさん。
そして次に一言。

「おー!この職人は俺の弟だよ!」

ええ~!!!

早速おじさんが雑誌を片手に弟のところへ報告に。それがこの人です。
e0122770_4485880.jpg
こちらは夫婦で職人。
e0122770_4502127.jpg
こちらはベテラン。
e0122770_4504848.jpg
まだまだ日本人が少ないこの町の人は、とても人懐っこく笑顔が素敵!

陽気なお肉屋さんのおじさん。店の前のかわいいロバ(この町の象徴)と一緒に写真を撮ってくれたけど手ぶれしてました(笑)。
e0122770_4521818.jpg
「7月6日にはお祭りがあるからもう一度おいで」と教えてくれました。

家々からはおばあちゃんが何人も手を振ってくれるほど。
フレンドリーで暖かい町。

水飲み場もこんなに素敵。
e0122770_4532140.jpg
帰りは地元のおじさんが車でサレルノまで送ってくれました(笑)。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-13 04:42 | イタリア  

さかなさかなさかな~

学校の課外活動でみんなでリストランテに行きました。

サレルノは海の町。

魚が美味しい!!遊歩道を歩いていると泳いでる魚が見えます。
ああ、コッツェ(ムール貝)が美味しい。

そうそう。
昨日驚きが!

ホームステイ先でモッツアレラブッファラが夕食に出ました。
食べたことあるかと聞かれ、もちろん日本でもフィレンツェでも食べたと答えました。

するとマンマもパパも「違う違う!そんなのはモッツアレラじゃないよ!!」

そう言うのも納得。
ここはサレルノ。
モッツァレラの本場です。

ナイフで切ろうとすると牛乳がぶわーあぁぁぁっと溢れ出てきてたちまちお皿が真っ白たぷたぷに!!!
こんなモッツァレラ食べたことない。

ほんとに新鮮!
びっくりです。

ちなみに下の写真はさちこさんとクラスメイト。
e0122770_532789.jpg
真ん中の美女は校長先生。こんなやり手のイタリア人女性は見たことありません。相当頭が切れる方です。
e0122770_542544.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-12 04:59 | イタリア  

サレルノ

なにげにサレルノにきてから1週間が経ちました。

フィレンツェ出発の日。

仲良しのみんなが朝なのにお見送りに来てくれました。
泣き出すけいちゃん。

ドアが閉まり、みんなが映画みたいに走って電車を追いかけてきてくれました。
が、意外にユーロスターのスタートダッシュがめっちゃ速くて一瞬で小さくなっちゃった。

ありがとう!!
あや、けいちゃん、もゆ、あかね!

ナポリに着いてしばらくするとお迎えの人が着てくれてサレルノ到着。

サレルノの生活はフィレンツェとあまりに違います。

海がある。(学校は海沿いにあります。)
e0122770_4364536.jpg

人が少ない。
e0122770_436362.jpg

日本人がいない。
道が広い。
空が青い!なんか青い!!
e0122770_437968.jpg

シエスタがある(お昼寝)。
一斉にお昼から16時くらいまではお店が閉まり、スーパーマーケットですら昼休み。
方言がひどくてとてもイタリア語に聞こえない。
学校がヨーロッパ人向けで恐ろしく難しい。授業がつまんない。
ホームステイが家族のように暖かい!
ご飯が美味しい!泣くほど美味しい!
物価が安い!
治安がいい!

とまぁこんな感じです。

暇。
暇なのです。

私もすっかりシエスタの習慣になじんでしまいました~。
e0122770_4374299.jpg
暇・・・。

ああ、ピアノが弾きたい!!!
e0122770_4382268.jpg
ぼーっとしてます。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-11 04:29 | イタリア