カテゴリ:ライブ・音楽( 69 )

 

2/6下北沢440でのライブ♪

e0122770_1255966.jpg遅くなりました~。

2月6日の下北沢440でのライブ。

1年ぶりの440。
馴染みある、ゆかりの深いライブハウスでありますが、ここには魔物がおるのでござーる。
過去に一度も440で満足のいくライブをできた試しがござぁーません。

この日も、やっちまいましたぁ~~~~!
ステップラタタの歌詞の最後を飛ばしたァ~(笑)!
ありえない!

でも、全体を通して楽しいライブができ、私はこのライブにより色々学べることがありました。
次回以降にバシバシ活かして行こう。

若くもない、上手くもない私が、みなさんに聴きに来てもらえるライブをするには。
もうここからは勝負ですな。。。私は一体10年も何しているのだろう?


セットリストは
1、宝箱
2、家族のじかん
3、オレンジ(新曲)
4、エチュード
5、ステップラタタ
6、引力

新曲のオレンジ、もっと歌いこんでまた披露します!
この新曲をどうしても聴かせたかった本人が来てくれたしね。間に合った!

ここでオレンジ作成秘話を。
秘話って言いながら自分から晒して全然「秘」じゃないなんて、まぁツッコまない、ツッコまない。

私のスペイン人の友達で「アランチャ」って女の子がいます。
アランチャはイタリア語で「オレンジ」。
この歌はアランチャに作ったというより、アランチャの恋人(私の男友達)に作った歌なのです。

その彼、A君としましょうか。

アランチャと私とA君は、イタリアはフィレンツェの語学学校で出会いました。

私とA君は同じクラス。
授業での「あなたはなぜイタリアに来たのですか?」という質問に彼は毎回こう答えていました。
「人生を変えたかったから。」

しかし大して人生が変わる出来事もなく、帰国が明日へと迫ってきたA君。

最後に誰かがこんなことをA君に言いました。
「アランチャがA君のことずっとカッコイイって言ってるんだけど、お話でもしたら?」

そんなことがきっかけで、アランチャとA君はフィレンツェのミケランジェロ広場でデートをすることになったのであります!

それを知った私がとった行動とは。

「覗き」(爆)!

友達3人と、様子をずっと伺っていました。
辞書を片手にたどたどしい会話をする二人。
1時間持てばいいほうかな、なんて思っていたら意外と二人の会話は続いて・・・。

ミケランジェロ広場からはフィレンツェの街が一望できます。
フィレンツェの絵葉書の写真もほとんどがここからの写真ですよ。
フィレンツェの街の屋根は全部オレンジ色をしています。

そのオレンジ色の屋根が夕日に染まり、一層空がオレンジ色に輝いて、さらにオレンジの屋根に星が降り始めるまで二人の会話は続きました。

ドキドキしてそれを眺めて(覗いて!?)いた私たち。

とっても思い出深い夜でした。

彼はその後すぐに日本に帰国したのだけれど、その日以来二人は日本とスペインとで遠距離恋愛が始まりました。

そして遂に。

今月末に、A君が拠点をスペインに移すのです!!!
仕事を辞めて、スペインへ移住するのです!!!

「人生を変えたかったから」と言っていた彼は、本当に人生が変わったのです。
誰よりも変わったのです。
イタリアに留学したのにスペインに移住するのですから!

そこで「オレンジ」という曲を書きました。
スペインで辛いことがあっても、あのときの気持ちをA君にも忘れないでいて欲しいと思って書きました。

そんな新曲です。

曲の解説が長くなっちゃたね。

ライブにはwash?のナンちゃんも来てくれて、客席でガヤを飛ばしていましたよ。
写真はナンちゃんが撮ってくれました。
e0122770_140471.jpg
毎日色んな場所で、素敵なライブが行われているというのに、雨の中「クサノヒロミ」を選んで来てくれたお客さんには本当に本当に感謝です!!!
ありがとうございました!!!

鳥くんも来てくれました♪

なんとも下北沢が似合うお人です。この人は。

対バンのみなさんも素敵で、嶌岡大祐くんとはすっかり仲良くなりました!
めっちゃ好きです!
里も近いしね!

本当に、楽しい夜になりました~!

楽しんでばかりはいられない。
失敗を反省し、次に活かし、私はまだまだ精進しなければならないな。
10年やってできなかったことが出来るのか、10年やってこなかったことを今からやれるのか、その答えは。

non e' mai toroppo tardi!
遅すぎることなんてない。

やるならやらねば。
では、次回ライブ3/23赤坂グラフィティでお会いしましょう♪
[PR]

by kusanohiromi | 2012-02-07 01:19 | ライブ・音楽  

BOUNENKAIライブのその後

歌い終わって、喉に違和感。

そして全ての出演者が歌い終わる頃には、唾を飲み込んだだけで喉が痛いくらいパンパンに腫れていた。
あっと言う間の出来事だ。

この日最後の出演者は仲良しのぴょんちゃん率いる「ともだち」で。

ベースは旦那様。
せっかく旦那様と共演だったのに、私は別行動で即効帰宅。

クサノヒロミ、打ち上げの乾杯すら出来ず、撃沈。

あの日来ていたみなさん、具合はどうですか?
お体に不調をきたした方はいらっしゃいませんか?
うつしてしまっていないか、心配です~~~~!!!

それにしても体ってよくできているもんですね。
きっと既に、菌には侵されていたに違いない。

でも、仕事納めまでは!歌い納めまでは!と頑張ってくれていたのですね。

見事にプツンと糸が切れる瞬間を体感したのでした。

という訳で、ここんとこ7年くらいはほぼ毎年下北沢で旦那様のバンドのエアロノーツのカウントダウンライブではしゃぎながら仲間たちと年越しをしていたのだけど、今年は家で一人ぼっち。

一人部屋の天井を眺めて迎えた年越し。
ぼーん、ぼーん、ぼーん。

一方そのころ下北沢では・・・・
e0122770_1144536.jpg
わいの、わいの、キャーキャー、イエ~イ!ヒューヒュー!(下北沢251ステージの上から撮影)

私。
ぼーん、ぼーん、ぼーん。
明けまして、おめでとうございます。
しーーーーーーん。

今年もよろしくお願いします。
e0122770_124871.jpg
2012龍
[PR]

by kusanohiromi | 2011-12-31 23:50 | ライブ・音楽  

2011ラストライブTHE BOUNENKAI!

2011年、ラストライブ。
やりきりました。歌いきりました。来てくれたみんな、ありがとうっ!!!
e0122770_0554793.jpg
2011年は、ボイトレに通い「歌」を変えることに注力してそれをやりきった年だと思います。
もちろんまだまだ発展途上だけどね。

セットリストは
1、CHILD(PSY.Sのカバー)
2、与える人
3、お弁当箱とメリーゴーランド
4、エチュード
5、いつかの空の下で
6、引力

で、ハイブリッジ高橋さんののイベントだったので、これがまた出演者が個性的で個性的で(笑)。

個人的には「蜂鳥姉妹」がおもしろくてしょうがなかった!
世の中にはこんなにも人を驚かせる人がいるんやねぇ~~~。

だいたい「蜂鳥姉妹」って言うから女だと思ってたら二人とも男性(両刀だと言っていましたが、笑)だし!裏切られた!

んで、男性なんやと思ってたら女子トイレを占領されて私トイレ我慢してたし!ほんまはどっち(笑)!?

「蜂鳥姉妹」はシャンソンの人なんだけど、シャンソンと言ってもほぼクラシックのようなオペラのような歌を歌う。しかもソプラノ!(すぐるさんの方)凄すぎる!めっちゃめちゃ上手い~~~!

ほんで一曲一曲衣装替えがあって超面白い!一部をご紹介。
e0122770_044681.jpg
こちらは全身編みタイツの“蜂鳥あみ太4号”さん。あみ太さんは割と低く太い声で歌う。めっちゃくちゃ上手い!!!
e0122770_0452228.jpg
こちらは顔が編みで覆われている上に謎のつぶつぶが顔中に付いていて思いっきり歌いにくそうなのにめっちゃソプラノの“蜂鳥すぐる”さん。
ほんで全身ボディスーツのあみ太さん。
e0122770_0463341.jpg
そして完全に人間の域を越えてしまった二人のツーショット。
e0122770_0484326.jpg
もしや、妖怪か?

だいたいピアノの人もめっちゃ妖怪っぽいもんなぁ。
狂ったような超絶技巧だったし。あのピアノプレイは凄すぎた!
MCも爆笑の渦を巻き起こしてました。

3月8日に『タンゴ地獄』っていうイベントをやるらしい。
是非行ってみたい。怖いけど(笑)。一つ安心なのは、『タンゴ地獄』って“地獄”を見るのはお客さんじゃなくて演者らしい(爆)。

物販であみ太さんのパズル売っていた。
パズルって凄い・・・。

なんだか蜂鳥姉妹の話ばっかりになってもーたけど、2011年の歌い納めまで、忙しい日も、泣きたいくらいに疲れた日も、眠りたい日も、とにかく突っ走って頑張った。
そう言える。

そしてここで、その緊張の糸が「ぷっつーーーーーん!」と切れた。。。

つづく
[PR]

by kusanohiromi | 2011-12-31 23:23 | ライブ・音楽  

月刊平絵里香12月号クサノデラックスといっしょ♪

無事終了しました。

『月刊平絵里香 12月号~クサノデラックスといっしょ~』!

シンガーソングライターの平絵里香が8月から月1で始めたイベントに、クサノデラックスという私のイベントをドッキングさせてのこの12月号。

出演者は平絵里香。(平絵里香ブログ→)http://ameblo.jp/hiraerika/
そして沢田ナオヤ。http://blog.livedoor.jp/sawadanaoya/
宮武弘(from Natural Records)http://blog.livedoor.jp/takehirooo_life/
クサノヒロミ。

いやー、もう全員素晴らしいアーティストでね。

平絵里香は言わずと知れた天才シンガーで、もう10年来の付き合いになるので多くを語らなくともみなさんご存知かとは思います。
半端ない歌力で周囲を圧倒していました。素晴らしい歌声。

沢田ナオヤ。

実はナオヤともほぼ10年来の付き合い。
上京してまもないころの下北沢club440でのライブ。
当時「代沢ミュージック」というお客さんの投票でアンコールができるという今思えばちょっと恐ろしいシステムのイベントがやっていた時、1回目に対バンしたのが平絵里香。
2回目が沢田ナオヤだった。

既に平ちゃんとは友達になっていて、「次にひろっぴが対バンする“沢田ナオヤ”ってのは私の大阪の友達やで~。」と聞いていたので、ナオヤともすぐに仲良くなった。

当時ナオヤは大阪に住んでいたので、大阪でのライブにも呼んでもらって、一緒に十三のテハンノってライブハウスやBIG CATっていうデカイライブハウスでやったのよねぇ~。

もう何がいいって、ナオヤの音楽とぶっ飛んだ普通じゃないキャラクター。
最高!!!大好きなのよ。今も昔もずっと。大好き。


それなのに私。それなのにそれなのに・・・!

昨日のライブでナオヤの紹介を全くしなかったのだーーーーーー!!!
ナオヤごめんよーーーーー!!忘れてたわけじゃないんだよーーーー!!!
言い訳になるけど、「月刊平絵里香」のゲストが沢田ナオヤで「クサノデラックス」のゲストが宮武弘だったので、宮君の紹介しかしなかったぁぁぁぁぁ~~~(;゚Д゚)!

心の中では「ナオヤともいっぱい思い出あるんやけどなぁ~。」って思いながら、鳥の話ばかりしてもーた!!!
しかも、ナオヤが「寂しーなー!」って叫んだのに私「バードウォッチングは寂しくないでー!」って鳥の話かと思ってもーた!
やっぱそういうのはあかん。心の中で思ったことって大抵実は何か大事なことなんだ。
ライブ後どれだけみんなに突っ込まれたか!!!

ということでみなさん、沢田ナオヤは素敵で素朴で最高のアーティストなのですよ!
あ~、後から言ってもとってつけたみたいで言えば言うほど歪になるわぁ~。

す・き・で・す ナ・オ・ヤ!
わー!!!宝塚南口のサンビオラの看板風に言ってみたけどこんなんじゃ伝わらん、伝わらん!どうしよー!きゃー!穴があったら入りたいーーー!

それにライブでは、まさかの「矢野絢子」さんの飛び入りがありびっくり!
ラッキーでしたー!

そしてこんなん見つけました。自分の3年前のブログ。タイトル「沢田ナオヤ

あ、今度はナオヤの話ばっかりになったけれど、次に出てくれた宮武弘。

Natural Recards(ナチュラルレコード)のボーカル宮武弘。
彼から出てくる言葉、彼の選ぶ言葉、それが一番輝くメロディーに乗って心に届く。
その歌力、メッセージはとっても優しくてそして力がある。
大好きなアーティスト。

そんなメンツでやれた昨日は本当に楽しい一日になりました!

カメラマンの舟京や、メイクのりえちゃん(二人ともモトリークルーのコピーバンドのときも大活躍してくれた!)も活躍し、私も写真を撮ってもらったりメイクをしてもらいました。

りえちゃんのメイク、ものすごく気に入った!(舟京の写真はもうちょっと待ってね~!)
e0122770_2332638.jpg
e0122770_2334321.jpg
分かるかなぁ~?
今回、衣装も自分のカラーにぴったりのが見つかったのでメイクとヘアメイクで更に彩られて大満足でした☆
e0122770_2365461.jpge0122770_2371085.jpg
それにね。
ほら、今日はゆるキャラでおなじみの「せんとくん」も来てくれたのよ。

え?なんかおかしい?リアルせんとくんだよ。なんにもかぶってない、こちらが本物だよ(たぶん。)

ライブも大好きなアーティストたちから反応が良過ぎて照れくさくもあり、嬉しくもあり、そして自信になりました。

やっぱり私のやってきたことは、少しづつ、本当に少しづつかもしれないけど形になっていっているんだ。

みんなが元気になる音楽。
何か“思う”とか“考える”きっかけになったり、「優しさ」とか「思いやり」とか思い出してもらえるきっかけになれたらいいな、っと思います。

誕生日前日だったこともあり、ステージにケーキが運ばれてきたり、プレゼントをいただいたり、本当にどうもありがとうございました。
gee-geのみなさん、絶対的に信頼しているPAの五十嵐さん。ありがとう!

何よりも今日は、来てくれた皆様。
本当にありがとうございました!!!
足を運んでくれる人がいるからライブは成り立つのです。
みなさんのあたたかい拍手と笑顔が何よりも嬉しく、そして明日への力となります。

ありがとうございましたーー!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-12-20 02:06 | ライブ・音楽  

12月20日は33歳最後のライブ!

12月20日(火)は、月刊平絵里香とクサノデラックスをドッキングして

ドーンっと気合入れたイベントをやっちゃいます♪

「月刊平絵里香 12月号~クサノデラックスといっしょ♥」
e0122770_0175550.jpg
で、ちょっと補足。

このフライヤーが色んな誤解を生んでいます(笑)。

まず、其の一。この格好で歌うと思われている。

其の二。こういう二人組だと思われている。

其の三。私の名前が「クサノデラックス」に改名したと思われている。

※フライヤー裏面参照。
はい、一つ一つ誤解を解いていきましょう。

え~っと、、、まず。
この格好では歌っていません。
私はピアノ弾き語りをやっておりまして、普段は普通の服で歌っているのです。すみません。

そして、二つ目。
こういう二人組ではありません。
私はピアノ弾き語りをやっておりまして、平ちゃんはギターの弾き語りです。

最後に。
私はクサノヒロミという名前で活動をしておりまして、「クサノデラックス」ではありません。
改名もしていません。
「マツコデラックス」のパクリでもありません。

「クサノデラックス」というのは、それこそマツコデラックスさんが有名になるずっとずっと前に私が自分の誕生日にやっていた「クサノデラックス」というイベント名なのです。

平ちゃんの毎月やっているイベント「月刊 平絵里香」と合同でやるのでサブタイトルが「クサノデラックスといっしょ♥」となっている次第でございます。

今回、12月20日という日は私の33歳最後の夜であり、誕生日前夜。

ですので、とても特別な夜にしたいと(勝手ながら)勝手に思っています(笑)。

どうぞお付き合いくださいませ。

大人でも進歩するんだというところをお見せできるように精一杯頑張りたいと思います。

私の取り柄は元気なところ。
みんなによく言われるのは「ひろっぴと会うと元気が出る!」。

そう、みなさんが元気に楽しくなれるようなそんな夜にしたいと思います!

そしてもしかしたら・・・???
このフライヤーのような格好もありかもしれませんよ???
■2011年12月20日(火)
@渋谷gee-ge(ジージ)
『月刊 平絵里香 クサノデラックスといっしょ♥』

Open: 19:00 / Start 19:30
Ticket: 前売 ¥2500 / 当日 3000円(1drink別)

出演者: 宮 武弘(from Natural Records) / 沢田ナオヤ / クサノヒロミ / 平絵里香

みなさんに見てもらいたい本当に素晴らしい大好きなアーティストに出演してもらいます。

予約受付始めました!
お待ちしておりまーーーす!!!
e0122770_0311594.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2011-11-11 00:14 | ライブ・音楽  

入間のso-soに行きました

仲良しのシンガーソングライターのohko naturalと溝田志穂ちゃんと3人で、入間のso-soへプチ旅行へ行きました。

so-soは、東京60wattsのボーカル大川たけしも働いていて(手伝っている?)たくさんのプロミュージシャンに愛されている場所で、ライブやレコーディングや合宿などにも使われているのだとか。

私の敬愛するリクオさんもよく絡んでいるんだって。

すごく可愛らしい外観♪
e0122770_0518.jpg
まずは腹ごしらえ!妊婦の前で遠慮なくビール飲んでごめんね!
e0122770_074838.jpg
ビールを飲んでしゃべって笑って。
店内も可愛らしいよ。
e0122770_082161.jpg
e0122770_083354.jpg
オーコちゃんちの犬も一緒だったので、ビビと、たけしんとこのゴンちゃんを連れて少し河原のお散歩に。

帰ってきたらまたご飯(笑)。

どんだけ食べんねん。
さらにデザート。

そして歌も歌ったよ。

たっぷり5時間くらいお邪魔しました。

オーコちゃんは、先月「産休ライブ」ワンマンを終えたところで、この三日後には出産のため広島へ帰るのです。

ちょいと寂しいけど、元気な赤ちゃんと帰ってくるのを楽しみに待ってるよ!
素敵な一日になりました~!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-11-10 23:58 | ライブ・音楽  

真昼の月夜の太陽1周年記念ライブ

いつもお世話になっている、東新宿の『真昼の月夜の太陽』の1周年アニバーサリーで歌って参りました。

代々木bogaloo時代からずっとお世話になっていますが。

去年、私が少しライブを減らそうと決断をした時からずっと毎月、「告知とか集客とかに捕らわれずなんでもいいから歌いにきなよ」とオファーをくださる箱なのです。

こんな私に、歌う場所を提供してくれる素敵な素敵な感謝してもし足りない箱なのです。

結局私が相も変わらず歌っているのは、真昼の月夜の太陽さんのおかげなのです。

この日のセットリストは
1、宝箱
2、与える人
3、お弁当箱とメリーゴーランド
4、エチュード
5、ステップラタタ
6、引力

でした。

もう10年も歌い続けているのに、(あ、なにげに私今年10周年なのです)なんで毎回緊張するんやろうねぇ~。

でもステージでお客さんの顔を見た瞬間楽しくなって嬉しくなってなぜだか笑顔で歌うことができるのです。

そしていつも「みんな愛してるぜ!」って気持ちになります。

みんながいるからライブが成り立っている。
本当に感謝しています!!!!

来てくれた全ての皆様。
ありがとうございます!!!

対バンのみんなとも色々お話できて楽しかったです!
みなさまありがとうございました!またどこかでご一緒しましょう!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-11-08 02:08 | ライブ・音楽  

10月13日DANさんとライブ

10月13日は、コバカツさんの店「渋谷guest」にて、ハイブリッジのイベントでアコーディオンのDANさんとツーマンライブでした。

渋谷guestは初めて出演させてもらったんだけど、下北沢ベースメント、渋谷LUSH、渋谷HOMEと続いて店長をやってきたコバカツさんが独立したお店。

小さいながら、落ち着きがあって、ライブ後も朝まで飲めるお店。

DANさんは、アコーディオンの弾き語りで、もう3年~4年前に下北沢で対バンして以来の付き合い。すっごく素敵な楽曲と声と本当に魅力的なアコーディオンの音色。。。

そしておしゃべりが上手(笑)。
DANさんと会うといつもお互い興奮状態になっておしゃべりが止まらない。
馬が合うってやつだね!

私はこの日アンコールも含めて9曲歌わせていただきました。

1、宝箱
2、与える人
3、CHILD(PSY.S)
4、チャンス
5、お弁当箱とメリーゴーランド(新曲)
6、エチュード
7、ステップラタタ
8、引力

アンコール
宛名

そうそう!
実は、DANさんには、私のCD「ステップラタタ」にアコーディオンで参加してもらってるんです!
それなのに、どうやらDANさんに音源をあげてなかったようで「ひろっぴ~、音源聴いてないんだけど~。」って言われちゃいました!
すんまそん!
即効CDをあげたのは言うまでもありません!

というわけで、急遽ステップラタタに参加してもらいました♪

楽しかったなぁ~~~~!!!

新曲はいかがだったかな?

私的にはとってもとっても楽しく気持ちよく歌えた落ち着いたライブでした~♪

終わってから、DANさんがPSY.S(サイズと読みます)のカバーのCHILDに大興奮で話が止まりませんでした。

実はCHILDという曲はPSY.Sのアルバムには入ってなくて、sweet homeっていうホラー映画のサントラの10曲目に入っている曲なのです。
中学生くらいから兄が聴いてる横から、この曲を盗み聴いて、本当にいい曲だなぁ~っと思っていたのですが、DANさんもこのサントラを持っているらしく、しかもここ数週間、ずっと頭の中でこの曲が流れていたとか。

あの狭い空間に、今もなおこのサントラを聴いている人が二人もいるなんてすごいことだ。

大絶賛だったので、また今度歌おうっと♪

その後、ワイワイみんなでお酒を飲み、みんなが帰ったあともコバカツさんと話し込んでいたら終電!

ビール代も払わずに店を出てしまいました!(もちろん電話して謝って今度払いに行くことになりましたよ。)

事故の影響で偶然遅れていた終電にも乗り込めて、最高な一日になりましたとさ!

それぞれ忙しい生活の中、時間を作って来てくれたみなさん、本当にありがとうございます!!!
中には、一時帰国で日本にはたった三日しかいないのに駆け付けてくれた友人もいました。
サンキューですっ!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-10-13 00:48 | ライブ・音楽  

下北沢club251カバー大会

楽しすぎた。

も~う最初から最後まで楽しすぎた。

毎年恒例の夏の終わりのカバー大会@下北沢club251。

名実高い人気バンドのみなさんが、本気でカバーをするこの大会は、もはやカバーの域を超えてます。

カバーと言えど、ものすごいクォリティー。面白すぎです!

オープンと同時にお客さんがどんどん入って最終的には超満員!

私はモトリークルーのコピーバンド「踊りぃ~狂う~」で、ナスティハビッツというセクシーバックコーラスをやりました!

「ビッチ」がテーマのナスティハビッツ、33歳にして人生初ビッチを経験しました。

本番直前にメンバーと。
e0122770_120742.jpg
みんなそれっぽいよ(笑)!photo by 舟京
e0122770_1221521.jpg
ナンちゃん・・・(ギター)
e0122770_13582.jpg
いつ帽子取れたん???(笑)
e0122770_126668.jpg
Vo.ゲンス(aeronauts松山弦大扮するビンス)photo by 舟京

e0122770_1271618.jpg
Gu.ミック・マーボー(wash?のナンちゃん扮するミック・マーズ)photo by 舟京

e0122770_1281682.jpg
Ba.グン・シックス(カウンターズのグンさん扮するミッキー・シックス)photo by 舟京
e0122770_23335073.jpg
Dr.カメイ・リー(グレイプバインの亀井さん扮するトミー・リー)
e0122770_23345388.jpg
鍵盤を弾くカメイ・リー。これえーなー。

e0122770_1312383.jpg
私はこの日のために、ダイエットと筋トレを1ヵ月頑張ったんだけど・・・
e0122770_1323791.jpg
どう?この腹筋!(笑)。
e0122770_1331891.jpg
かなりたくましいでしょ~(笑)。セクシィっつうか、こりゃワイルドだな。。。

e0122770_1365661.jpge0122770_142105.jpge0122770_1423388.jpge0122770_23394491.jpg
今回頑張ってくれたのは、メイクのりえちゃん。

短時間で、全員のメイクとウィッグのカットとを一人でこなしてくれました~!
ありがとう!

そして写真を撮ってくれたカメラマン舟京!かっこいい写真が何百枚もあって選ぶの大変だったよ~。

その他のバンドもめちゃめちゃおもしろくてクオリティ高くて笑い悶え苦しみました!
南さん率いるレイジはかっこよかったなぁ~!
店長河崎さんのKAWATABANDも素晴らしかった!
河崎さんの肉付きのいいからだと「すけべ~すけべ~♪」のフレーズが妙にエロティシズムでした(笑)!
佐野元春もそっくりで演奏も完璧だったし、オアツスの兄弟喧嘩とやりとりが最高に楽しくて歌も上手くて感動したなぁ~。

レイジの盛り上がり風景。
e0122770_147872.jpg
写真だらけのブログになってごめんなさい。

あと、SUCK THE 東京で私の夏は終わります。

また来年~!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-08-31 01:14 | ライブ・音楽  

8月31日は下北沢251でコピーバンド大会♪

毎年恒例の、下北沢club251でのカバー大会!

観る側だったのが、今年はモトリークルーのバックコーラスのあのセクシーなねぇちゃん「ナスティハビッツ」を友人のシンガーソングライター平絵里香とやることになったよ。

30過ぎた二人がよ?(笑)。
セクシーの押し売りです。

ヘソ出しという条件だったので、3キロのダイエットまでしました。

いよいよ8月31日です。

なにげに、一番楽しみにしてるんじゃないか?ってくらいノリノリですわ。

普段活躍しているプロのミュージシャンばかり出る、メンツももんのすごいのよ!!!
美味しすぎるでしょ!

私が出るモトリーは
『踊りー狂ぅー』というバンド名で(笑)、
メンバーが[ゲンス・ニール(vo /aeronauts松山弦大),
ミック・マーボー(g/wash?南波政人),
グン・シックス(b/countersグン),
カメイ・リー(ds/GRAPEVINE亀井亨)]


グンさんやグレイプバインのカメイさんと一緒にステージに立てる機会が設けられるなんてね~~~!!!
まさかナンちゃんやゲンダイともこんなところで一緒に音を奏でられるなんてねぇ~~~!!!

生きてりゃ楽しいことがあるものよねぇ。
誘ってくれたゲンダイ、ナンちゃん、平ちゃん、ありがとうねぇ!

モノ好きな人や、怖いもの見たさに是非遊びに来てね~!

チケットぴあ、ローソンチケット、イーチケットで予約受け付けてたけど、もう明日なので来たい人がもしいたら、クサノヒロミのメールまで♪
もしくはツイッターでリプライくださいませ。

下北沢club251
OPEN18:30/START19:00 
adv¥2,500/door¥2,800(+D)


出演者
オアツス[リク・ギャラガー(vo/Fed Musicリク),オカベ・ギャラガー(g/Responseオカベ),タケミ・ベル(b/MJ),タカヤマ・スターキー(ds),ヤナイ・アーチャー(g/Akashic)]/踊りー狂ぅー<モトリークルー>[ゲンス・ニール(vo /aeronauts松山弦大),ミック・マーボー(g/wash?南波政人),グン・シックス(b/countersグン),カメイ・リー(ds/GRAPEVINE亀井亨)]/KAWATA BAND[KAWASAKI(vo/251),森川トモヲ(g/aeronauts),金戸覚(b),高野勲(key),コクブタケミ(ds),SHINTARO(per/BRAZILIANSIZE)]/マシーンへの怒り[南謙一(vo/Ken South Rock,宙ブラリ),奥村大(g/wash?),有江嘉典,parock86(ds)]/モト元晴 and THE ほぼ KING BAND<佐野元春 and THE HOBO KING BAND>[菅原龍平(vo,g),金戸覚(b),YUCARIE(sax/The Thrill),岡本奈穂子(ds/つばき),PAT(key)]/DJ:ma+sh,他

それではっ!
乞うご期待!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-08-30 03:10 | ライブ・音楽