ツタのからまる町

e0122770_1541172.jpg忘れたころにイタリア話です。

今日は、南イタリアの素敵な町をご紹介します。

アマルフィからバスで山を登ること30分。

ここはラヴェッロです。

ラヴェッロは小さい町ながら、ワーグナーが曲を書いた町として知られ、7月~9月にかけてはなんと毎日野外コンサートが行われる音楽の町なのです。

著名な作家や女優などを虜にしているこの町は、高級ホテルやレストランが軒を連ねます。
アマルフィからさらに山を登ることもあって、町からの海の眺めは絶景。
e0122770_15452177.jpg
e0122770_15461356.jpg

町中に伝い広がるツタが印象的で、強い日差しを和らげながら青空の下にみずみずしいコントラストを生み出しています。


e0122770_1548826.jpge0122770_15482961.jpg



e0122770_15522683.jpg


ヴィッラチンブローネへと繋がるこの可愛らしい木の扉をくぐれば、誰もが息を呑む絶景ポイントへ。
e0122770_15524627.jpg
e0122770_1553815.jpg
もちろん素敵なリストランテのカメリエレ(ウェイター)だってこの人懐っこさ。
e0122770_15542346.jpg
四つ星ホテル「ホテル・ルフォロ」には日本人女性が嫁いだということが、数年前町の話題になったそうな。

どこからともなく音楽が聴こえてくる、緑と光溢れる町。
できれば音楽祭(ラヴェッロフェスティバル)の時期にゆっくりと訪れることをおすすめします。

★人気ブログランキングに参加し始めました!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2008-09-15 16:02 | イタリア  

<< 面接までの茨の道 2歳の家出 >>