愛しのジュリア

今日は、イタリア留学中に同じクラスで仲が良かった友達の実家に遊びに行きました。

家具修復の勉強に来ていた彼とは、一緒にミラノサローネ国際家具見本市に行った仲で、ミラノでは彼のママのお友達のイタリア人に案内してもらったり、ママのクレジットカードで中華料理をご馳走になったり、彼本人を取り巻く方々にまでお世話になったのでした。

そして、ミラノを案内してくれたR氏の奥さんで日本人の方と、その娘さんでめちゃくちゃ可愛いジュリアも夏休みで日本に帰って来たので一緒にお食事。

本日も代官山で中華料理をご馳走になりました。

さて、このジュリアという5歳の女の子が。

ううううう!!!!
めちゃくちゃ可愛いのですっっっっっっ!!!!

ミラノで既にノックアウト。

日本でまた会えるなんて!!!!

お母さんと、日本人の私たちには日本語で、お父さんにはイタリア語で話します。
途中お父さんから電話があるとイタリア語で甘えだす彼女。

可愛すぎて将来が心配!

すっかり私に懐いてくれていて、食事のときも私の隣がいい~っと、隣に座りました。
トイレに行くにも手を繋いで一緒に。
ピンクのリボンのカチューシャをプレゼントしたら「どうしてピンクが好きって分かったのー!」と喜んでいました。はふ。可愛い・・・・。
e0122770_23544124.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2008-08-14 23:45 | イタリア  

<< 食べ物に困らない人 全て人のせい >>