小包のぼうけん

そうそう。
イタリアから自分宛に送った荷物が届きました。

イタリアの昨今の郵便事情は、一昔前とは随分異なるようです。
航空便で2週間、船便だと安いけど1ヶ月から2ヶ月、遅いときには3ヶ月はかかると言われている宅急便ですが、フィレンツェから送った船便も、サレルノから送った船便も、なんと2週間程で届きました!!!
これにはびっくり!

そして受け取ってさらにびっくり!

箱が変形しているではありませんか!?
e0122770_11049.jpg
実は、この2箱とは別にワインを航空便で送ったのですが、それは45ユーロ(9000円くらい)したので、小さなワイン2本を船便に忍ばせておいたのです。
買ったばかりの革ジャンと一緒に・・・。

その他にオリーブオイルを入れる瓶などの割れ物も入っていたのでドキドキ。

開けてみると、箱の変形とは裏腹にワインも瓶も無事でした!

そしてこちらはサレルノから送った小包。
e0122770_1104494.jpg
参考書や本を入れていたのですが。
箱を開けておやまぁびっくり。
一度海にでも落ちたのか!?
何かの液体に一度浸され乾いたあとが。
箱がぶよぶよです。

そして、税関で開けて袋に入れてくれたのでしょう。
一度液体でぶよぶよになり、ハードカバーまでどうしたらこんなに歪むの?という具合に変形した参考書がビニール袋に包まれていました。

ああ、どんな旅をしてきたの。
一度カメラで追いかけたい。

国際小包の冒険は、きっとハラハラドキドキのストーリーに違いない。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-07-29 01:21 | イタリア  

<< 記憶 出た!おれおれ詐欺!!! >>