グロッタアズッロ

e0122770_21215398.jpg
これが有名な「青の洞窟」です。

水の透明度には本当に驚かされます。
船の上からでも透き通った海の色に胸を打たれます。

この自然。
守らなくちゃって思います。

イタリアの海はほとんどゴミも浮いてなくて、本当に美しい。
そもそも海は、こういうものだったんだ。
これが「海」だったんだ。

こんなにたくさんある水が濁るまで、人間が汚してるんだ。

キレイな海を見にわざわざ日本から大金と時間をかけてくるんなら、まずは日本の海を美しくする心がけを忘れてはいけないなぁ・・・。

おっと、話が真面目になってしまった。

青の洞窟へは、カプリから周遊ボートに乗ります。
そして、洞窟の前で小さな手漕ぎボートに乗り換えます。
この洞窟の前での待ち時間が一時間ほど。
最初から順番を決めたりしないイタリア風のやり方に合わせて、のんびり待ちます。

手漕ぎボートのおっさんは、みんな声がやたらにデカイまさに南イタリアの男たちです。

陽気に「オーソレミオ」や「フニクリフニクラ」や「サンタルチア」を歌ってくれます。

ボートのおじさんに尋ねると、この時期カプリに来る観光客は一日2~3000人。
その中の500人が日本人。
こりゃたまげた。

ちなみに世界の50人に一人は日本人。そりゃどこに行ってもおるわ。

洞窟の入り口はとても狭く、波が高い。
私たちはボートの底にぺったりとへばりつくように仰向けに。

タイミングを見計らっておっさんが体を沿って一気に洞窟の中へ入ります。
職人技だわー。

で、陽気なおっさんが私に、「青の洞窟の中で泳ぎたいか?」と。
「え?本気で言ってる?」
「もちろん、本気さ。水着着て来てるだろ?さ、ここに座って1、2、3!」

じゃっぽーんっっ!
一瞬で服を脱いで掛け声に合わせて飛び込んじゃいました。
e0122770_21213465.jpg
泳いでるのは私一人。
他の人から変な目で見られたけど、でも気持ちよかった~!!!
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-26 21:10 | イタリア  

<< prego(プレーゴ)に魅せられて 落ちこぼれ >>