噴火で時が止まった町ポンペイ

e0122770_585118.jpg金曜日の午後、一人でポンペイに行ってきました~。

76年だっけ?
ヴェスヴィオ火山による噴火で埋もれてしまった町。

紀元前に栄えた町なのに、居酒屋やパン屋やメルカートや大衆浴場や売春宿・・・と基本的生活は今とほとんど変わらないと言う。

やたらと広いポンペイを一人でテクテク。

埋もれてしまった人がそのまま石膏でかたどられて残っててショック。

でもその後子猫ちゃんを見つけて癒されました。
e0122770_593413.jpg
とそのとき。
旦那さんから電話が。

「今日イタリア試合やで!何ポンペイにいるん?帰ってサッカー見ないと!」
おう!ユーロ2008.

ファミリーもかなりの盛り上がり。
サレルノはイタリアの試合の日、ほとんど人通りがなくなります。

ユーロ2008の雑誌を日本でわざわざ買って持ってきてたのに、サレルノに来る前日にフィレンツェの郵便局で重いから捨ててしまった私。

急いでポンペイの遺跡を出て、バーガーキングに駆け込みました。(テレビがあったから)
小さいハンバーガーとビールを頼んだら8ユーロもして(1400円くらい!!!)ショック!
箱を開けてまたショック!
ハンバーガーが6個も入っているではありませんか!!!

そう。
私が頼んだのは小さいハンバーガーが6個つながって1個になっているでっかいハンバーガーだったのです。

ステイ先でご飯でるしこんなのいらないよ・・・。

ま、後半は見れたので無駄な出費でしたがしょうがないとするか・・・。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-06-14 05:05 | イタリア  

<< ポジターノ ヴィエトリスルマーレ >>