理解されないウォシュレット

私の次なる目標。

「ウォシュレットをヨーロッパに広めたい」。

これはなかなか茨の道のようです。

授業でしきりにウォシュレットの説明をするのですが・・・。

イタリア人はとても嫌な顔をして「便器があったかいなんて信じられない!気持ち悪い!最低だ!怖い!恐ろしい!」と言います。
もうひどい言い様です。

「冬はとっても快適だ!」と言っても「気持ち悪い!」と言われます。

なぜ?
冬に冷たい便器に座るあの苦痛と言ったら!

しかしなかなかイタリア人には理解されません。

ウォシュレットがあったらビデなんて無駄なスペースいらなくなるのになぁ。
ウォシュレットの伝道活動はきっと険しいのです。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-05-23 01:57 | イタリア  

<< キャンティにワイン&ハイキング 歌ってきました >>