イタリアの物価

リラからユーロになり、ユーロが高騰し、イタリアの物価は決して安くありません。

ブランド品を買いあさる時代は過ぎ去りました。

日本では当たり前にあるものが、イタリアではとても高いです。

例えばティッシュ。

日本みたいに5箱セットとかでは売っていません。
一箱ずつです。そして一箱が1.9ユーロとかします。だいたい350円くらい。
一箱が、だよ?
そんでもって、紙は柔らかくはありません。
また、薄い紙を重ねる技術はないようです?
なぜか5枚くらいの紙が袋とじのように閉じてあります。

鼻セレブなんて見せたらきっとイタリア人は驚くでしょう!!

次に、サンランラップ。
日本円で300円~600円くらいします。
そして性能はめちゃくちゃ悪いです。

そして光熱費。
1ヶ月の水道代が5万円とかです。
フィレンツェの家賃の相場は東京と同等。
それに水道代5万。ガス代と電気代も油断すると5万だって。

でも平均収入は800~1000ユーロくらいだとか。。。
もちろんもらってる人はもらってるんだと思うけど・・・。

なのでイタリア人は電気をなかなか点けません。
日本のような蛍光灯で明るい部屋というのは夢のまた夢で、ほとんどの家が、部屋の数箇所に置いてある小さなランプで暮らします。
めっちゃくちゃ暗いです。
勉強するのもほんと、手元しか照らせなくて大変です。
でもそれが、イタリア式。

うちのアパートは、割とラフだけど、他の留学生は洗濯物があまり溜まってないのに洗濯して怒られたり、風呂が長いと怒られたり、電気を点けるのは何時以降・・・と決められていたりします。
そう、これがイタリア式。

そして、イタリアでは日本の自動販売機の数なみにバールがあります。
バールについては色々話したいけど、まぁ今日は物価の話です。

切り売りのピッツァがあるでしょ。
店によっては3ユーロします。
日本円で500円。

うーん。
決して楽ではないイタリア生活。

ちなみに。

1ヶ月300ユーロで見積もっていた生活費ですが、2週間で500ユーロ使ってしまいました。
日本円で8万円です。

先が思いやられます。
アユート!(助けて!)
[PR]

by kusanohiromi | 2008-04-29 00:29 | イタリア  

<< 愛すべきイタリア人 休日の過ごした方 >>