ミラノでの失敗

土曜日と日曜日、ミラノのサローネ国際家具見本市に行ってきました。

フィレンツェに家具修復の勉強に来ているクラスメイトのじゅんと行きました。

土曜日は、ドゥオーモに行ったり、フオーリサローネといって、ミラノのいたるところにあるサローネの外会場を見て回りました。

夜は、じゅんのお母さんの知り合いのイタリア人家族と中華を食べました。

ミラノは治安がめちゃ悪くて、昼間にも先週レイプ事件があったばかりで(しかもイタリア人)、特に日本人は狙われるからってことで、サイフとお金とカードをすべて別々のポケットにしまい、切符を買うにもロッサーノに付いてきてもらいました。
ホテルのフロントまでタクシーもベタ付けしてもらい、用心に用心を重ねました。

ホテルは、2万4000円以上の部屋だったんだけど、やっぱり取れただけ奇跡とのこと。

で、どんだけ素敵な部屋かと思いきや、歯ブラシさえもない。
ぶっ壊れたドライヤーにセロハンテープがぐるぐる巻き。
さすがサローネの時期。やくざな商売してまんなー。

日曜日は朝からサローネへ。
9時から夕方6時まで歩き続けました。
もう疲れたぁ!!!

で、私が一番見たかったのはTOTO!
去年サローネでグッドデザイン賞を受賞したTOTO。
私の次なる目標は、ウォシュレットをヨーロッパに広めること。
だからTOTOを見たかったのだ!

しかし、ロッサーノにインフォメーションに確認してもらってもTOTOがない。
去年はあったと言っても「ない」と言われる。

なぜ?

諦めてロッサーノの自宅近くの公園でみんなでジェラートを食べていると、ロッサーノの奥さんが「うちの裏がフオーリサローネやっていて、日本企業が出展していて、TOTOがあるよ。」っと。

時既に遅し。

TOTOが見たくてサローネに行きたかったのに。
だから、サローネに合わせて4月12日から留学したのに・・・・!!!

インクレディービレ!信じられない!

イタリアに来てまで大失敗をしたのでした。
チャンチャン。
[PR]

by kusanohiromi | 2008-04-21 21:38 | イタリア  

<< Dolce vita una settimana >>