エチュードがイタリア語になる

今日の授業は、なんと。

私の曲をイタリア語に訳すことになりました。

授業の後、毎日ちょこっとだけピアノを弾いているんだけど、先生たちが気に入ってくれてCDを持っていきました。

するとそういうことに・・・。

ちょっと恥ずかしい・・・。

けど、イタリア語になるんだからおもしろい!

一番訳すのが簡単なエチュードを選び、みんなで聴きました。

エチュードがイタリア語になったよ!!!

帰ったら披露しますね(笑)。

授業の後は、家具修復の勉強に来ている友達に着いて、家具修理工房に行ってきました。
マエストロはパニーニを食べながら、工房の前を通る友達といちいちペチャクチャおしゃべりしてまったく働かない・・・。

そして「じゅん!ひろみ!バールへ行こう!カッフェを飲もう!」っと工房を閉めてしまいました。

バールでジェラートをおごってもらいました。

イタリア人、やっぱりおもしろい。

ちなみに、うちの学校は町の中心地からは少し離れていて、ベッキオ橋を渡った向こう側なので観光客も少なく、職人街となっていてアトリエがたくさんあります。

バイオリンを作っている職人さん、アンティークな地図を刷っている職人さん、革製品の工房、ジュエリーの工房・・・。

歩いているだけでワクワクして幸せです。

アーモ イタリア!
[PR]

by kusanohiromi | 2008-04-18 01:23 | イタリア  

<< una settimana ミケランジェロ広場で泣く >>