焼きそば虫

みなさんは焼きそば虫を知っているだろうか。

・・・と言っても知るはずもない。
それは私が勝手に付けた名前だからだ。

焼きそば虫の正式名称。
それは「コウガイビル」。
こーんな形をした黄色いぬるぬるした長い生き物。e0122770_12215257.jpgこの季節、うちのアパートで1m近くにもなる奴が這っているのを見た。
きっと見たことがある人もいるだろう。

私がこのコウガイビルを焼きそば虫と呼び始めた所以には恐ろしい話がある。

それは3年ほど前だろうか。
まだ東京の久我山というところに父と住んでいたとき。

雨上がりのジメジメした夜だった。

まだ水溜りで濡れている道を歩いて帰り、自宅の自分の部屋で布団にもたれかかってゴロゴロと読書をしていた。
ふとトイレに立ち部屋に戻ってくると、今まで自分が座っていた場所に心当たりの全くない不思議なものがあった。

「あれ?焼きそばの麺?私今日焼きそば食べたっけか?」
それは焼きそばの麺そっくり。
色といい細さといい長さといい表面がぬめっと光っている質感といい・・・。

良く見るとそれはくるくる回転している。

「ああ~、輪ゴム?」
まるでねじれた輪ゴムがくるくると戻っていくような動きをしていた。

でも、焼きそばにも輪ゴムにも心当たりがなかった私は顔を近づけてよぉ~うく見てみた。

「ギャー!!!!○×$▲@#Э□%◆б!!!!!」

私のお尻にべちゃべちゃに踏み潰された「コウガイビル」がのた打ち回っていたのである。

超トラウマ。

なんとこのコウガイビル、食べ物を食べるときは(ナメクジやかたつむりなどの虫など)体で包み込んで体外吸収。口はない。そしてこの動きの遅い物体が、どこからどうやってくるのかと言うと、意外にも空中移動をするらしい。
糸のような粘液にぶら下がり、頭が着地するとこの粘液を自ら切るという凄技まで持っている。

ああ。
地球の不思議。
助けてヤキソバン。
[PR]

by kusanohiromi | 2007-06-25 12:19  

<< 36年と3ヶ月 良いことピックアップ >>