イタリアのお風呂事情

大好きなイタリアで、いくつか「これだけは無理!」というものがある。

その一番が、お風呂が無いことである。
イタリアのお風呂事情はまあお粗末。

一般家庭にはまずバスタブがないのは当たり前。(らしい。)
シャワーも、日本みたいにホースが付いているタイプもそんなにない。天井にお湯が出るところが付いているだけ。だから首より下はとぉぉぉ~っても荒いにくい。(それでビデがあるのが納得。)
しかも勢い良くでれば運が良い。ちょろちょろ・・・だったり、「ああ~どこ行くの?」というくらい必要以上に広がって周りをびしょびしょにしたり、シャワーを出せばもれなくトイレのパイプからもちょろちょろ出たり。
ああ、その分こっちに回してよ・・・と切なくなるのがイタリアの水周りである。

そこで、「イタリアでお風呂の良さ」を伝えれば、これは儲かるんじゃないか!?
とちょっと目論んだ。
各家庭にバスタブが一つ。。。そんな生活にきっと憧れてるに違いない!

ところがこれは、これこそが日本人的感覚で、イタリア人にはそもそもお風呂が受け入れられない理由があったのだ。イタリア人にとって、「他人が入った湯に入る」というのは「汚なっっっ!!」ということ以外の何物でもないらしい。
そうか。こんなに気持ちよくてさっぱりしてリラックスできて美しくなれるお風呂を「汚い」と感じるのか!

イタリアの気候は湿度がなく、夏でも日本みたいに汗をかかないし、髪質も日本人と違って洗わなくてもサラサラ。
日本人みたいに毎日髪を洗う人なんていないんだって。中には女の子でも週に一度しかシャンプーをしないんだとか・・・。

おお~。

だからお粗末な水周りでも、誰も改善しようとしないのですな。
イタリアお風呂化計画は失敗に終わりました。(ってまだ何にもしてないけど。)

ところで昨日、私の音源を消した罪滅ぼしに、旦那が近所のイタリア料理やさんに連れて行ってくれました。
いつも外から覗いて「イタリア人のシェフがいる~!」っとドキドキ興奮していたのですが、実際入ってみると、顔の濃い日本人でした~。
[PR]

by kusanohiromi | 2007-06-04 01:17 | イタリア  

<< 私のこと?(各国共通) 機材、共用するべからず >>