「ほっ」と。キャンペーン

産後初ライブが終わりました

e0122770_1353781.jpg

2014年3月8日土曜日に、産後初のライブが終わりました。

産後半年はまともに楽器も触れず、腹筋もほとんどなくなっていたので元に戻るのか心配もありました。

「真昼の月夜の太陽」さんが声をかけてくっださったおかげで復帰する決心がつきました。

子連れでのライブに不安もありましたが、この日は「ママズデー」ということで、出演者全員がママ。

スタッフルームにはシートが敷かれ赤ちゃんが寝転べるスペース。
仕切られた授乳コーナー、ミルク用のお湯やオムツ替えのソファが用意されていました。

なんとありがたいことか!

初めての試みで分からないことだらけと言いつつ、十分過ぎる配慮!!!

こんな状況を用意してもらってライブさせてもらえることに、本当に感謝しています。
ありがたい。
そうまでして「歌いに来て」と言ってくれる箱がある。
とても幸せなことだ。

この日に向けて年末から腹筋も鍛え始めました。
しかし、、、インフルエンザ、度重なる4回の乳腺炎、ウイルス性胃腸炎と、以前とは自分の体が思うようにならないことも実感しました。

リハーサルには息子を連れ、レジャーシート、オムツ、離乳食、お茶、おもちゃを持ち、息子を抱えスタジオに通いました。

3ヶ所のスタジオを交互に利用しましたが、どこも赤ちゃん連れを歓迎してくれ楽しく練習できました。
体力は相当消耗しましたが・・・。

旦那も全面的に協力してくれて、休みの日には私が集中して練習できるように息子を連れ出してくれたり、ご飯を作ってくれたりしました。

そんな、みんなの協力あってライブ活動を復帰することができました。

1年2ヶ月のブランクは、歌やピアノの技術面ではなく、私のメンタルに現れました(笑)。
口から心臓が飛び出そうなほど緊張。

なんでー!
ライブってこんなに緊張するもんだっけ!
もちろん今までも緊張してたけど、比じゃない!

12年、何回ライブやってんだ(笑)!

今回のライブでよおーく分かりました。

ブランクは技術でなくメンタルで乗り越える!

ライブ後猛省していた私とは裏腹に、好評かなのがまたライブの不思議。

本当にこれだけはいまだによく分からないな。

新曲は、自分の思いをストレートに書いた曲だけど、泣いた人続出だったって。
いっぱい感想メールをもらいました。

ライブ後、本当に猛省して正気を失っていたので、出演者たちとこの素敵なイベントの写真を撮るのを忘れていました!

ここまでお店に環境を用意してもらっておいて・・・ごめんなさい。

ママシンガー、万歳!

復帰してすぐですが、次回のライブはいつできるか分かりません。

ですが、きっと私は歌い続けるということが分かったライブでもありました。

必ずまたお会いできるでしょう。
e0122770_1355246.jpg

写真は、出演者で仲良しのohko naturalと、これまた仲良しロックママ、へルマン&THE ペースメーカーズのキーボーディストの溝田志穂ちゃんです。
[PR]

by kusanohiromi | 2014-03-11 13:21 | ライブ・音楽  

<< 息子が一歳になりました! 4回目の乳腺炎 >>