子どもの病気

先月の24日から今日(11月18日)に至るまで、ずっと息子の体調不良が続いている。

鼻水、咳、下痢。

大人にとったらなんてことない鼻水ですら、何一つ自分で出来ない赤ちゃんにとってはとってもツライものなのだ。

吸うことも、出すこともできないのだから。

垂れてるうちはまだいい。詰まってしまうと息も出来ない。おっぱいも飲めない。眠れない。

眠たいのに入眠出来ずに泣きじゃくる。激しく反り返って泣き続ける。
「鼻吸い」なるものを買ってきて吸うも、まさに戦い。

激しく抵抗して暴れる息子の手足と頭を私の両足でロック!!!
顔を真っ赤にし、目をみるみる充血させて、見たこともない表情で泣き叫ぶ息子の小さな小さな鼻の穴にゴム製の口を突っ込み、チューブで吸う。

つらい儀式だ。

10月中は鼻水だけだったのが、11月初旬から咳きも出始め「クループ」と診断される。

一日も忘れず朝夕薬を飲ませるのに、快方に向かっている感じが全くない。

そして毎日小児科に通って吸入をする。
マスクから出てくる霧状のおくすりを吸うもので、これはお利口にしていてくれる。
その後の鼻吸いはギャン泣き・・・。

厄介なのは下痢。

1日10回ともなると、本当にもう一日中オムツ替えをしている状態。
ぶりゅーっっと音がして、オムツを替えて服のボタンをパチンパチンと留めていると、またぶりゅーっっと音がする。
こんなにすぐするんだから、しばらく様子を見てから変えようなんて思っていると、あっという間にお尻が真っ赤にただれでぶよぶよに。
もう見るからに痛々しい。

結局、私はオムツ替えマシーンと化し短いときには10分間隔でオムツを替える。

そのたびに真っ赤にただれたお尻を目にすると、だんだんこちらのメンタルもやられてくる。
お尻を拭くと痛がって泣く。可哀想・・・。
こちらもつきっきりでオムツを替えては手を洗いに行くという状態。

これが夜中も。
一番ひどいときは夜中に4回ものオムツ替え。
この時はさすがに旦那さんが3回手伝ってくれてものすごく助かったし救われた。

さらに鼻が詰まって眠れずに1時間おきに泣いて起きる。
授乳→下痢→オムツ替え→手洗い→寝かし付け→オムツ替え→手洗い・・・。
というのを、夜中に自分の睡眠を中断してその都度やらなければならない。

もうこちらも寝不足だし可哀想で見ていられないし、おっぱい吸われ過ぎて鶏ガラみたいになってるし・・・。ひぃぃぃ。

大した病気じゃないんだけど、子どもの病気って親の心身をものすごく削り取っていくものなんだなぁ~っと実感。
それと重なり旦那が不在の日が1週間続き、実はちょっぴり凹んでしまった。

友達の赤ちゃんが入院したんだけど、本当に身も心も疲弊するだろうと思う。

それに、こういう症状が出ているから・・・っと、軒並みお誘いをキャンセルしたりお断りしたりと外出を躊躇っていると、息子も夜寝ない(0時過ぎまで起きて遊んでいます)し、昼間は持て余すし、私もみんなと遊びたくウズウズ!!

子どもの病気って、こんな気持ちになるんだなぁ。

自身の病気よりツライということを知ったのでした。

改めて両親に感謝。
[PR]

by kusanohiromi | 2013-11-19 00:07 | 家族  

<< 乳腺炎やりました~ 悲しいテニスの思い出 >>