ずり這いが始まりました

「息子くん、まだ前に進めません。どうしても後退してしまいます。」と言っていたのはつい先日のこと。

その一週間後にはおもちゃを追いかけてずり這いを始めました。

これは十日前の様子。
絵本の読み聞かせ中に。気持ちとは裏腹に後ろへ後ろへ下がっていく・・・。
どこまで行くの~~~?(笑)
e0122770_15323850.jpg
e0122770_1532569.jpg
e0122770_1533759.jpg
本人も「なんでぇ~?」という様子でした。

それが、一週間後には転がるおもちゃを追いかけて前へ前へ!
e0122770_15392745.jpg
すごいことですね。

そして、おもちゃ箱をひっくり返してその中から好きなおもちゃを選んで遊んでいたり。
e0122770_15463368.jpg

私のスマホを見つけて写真を撮っていたり!(ラインの画面だったのに、カメラを起動して撮影してました。)
e0122770_15465494.jpg
e0122770_15534831.jpg
Photo by 寛太
ゴミ箱もひっくり返すし、コンセントは引っ張って抜こうとするし、コードはガジガジするし(まだ歯は生えてませんけど)なぜか私のバッグをかぶっているし。
e0122770_15403129.jpg

ほんと、目が離せないんだけどおもしろくて可愛くて仕方ありません(親バカまっしぐらですみません!)。
楽しませてもらっています。

私、気が付いたんです。

今まで、自分がどう生きるかばかりに目を向けてきた。
自分が、自分が、と自分の生き方だけを追求してきた。
実際、自分が何も成し遂げてないのにこどもなんか生んでいいのかって躊躇っていた。

でも違った。

人間として生まれてこれたのは、ずっと祖先から命がつながっていて、自分はその輪の中にいるんだ。
だから自分も次の世代のために命のバトンを渡して、次の世代のことを豊かな目で見守っていく、それがとても大切なことだと気が付いたんです。

話が大きくなると、原発なんてその最たるもの。
自分だけの世代で処理できないものを、後の世代に押し付けるのは間違っている。
目先の利益だけを追求するとそういうことになるんだ。
人を大切にしないと、自分も大切にできないし、人からも大切にされない。
だから、もっともっと優しくなりたいと、息子に教えてもらったのです。

今も、四つん這いができるよ、って得意顔の息子に。
e0122770_1546046.jpg


さぁ。未来へ!GO!
e0122770_15472610.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2013-10-01 15:25 | 家族  

<< おすわりもちょっとならできるよ アカフェス >>