慣れてきた(息子ver.)

ただいま息子、生後4ヶ月半。

生まれたときは、視線もぼやっとして、手足もバタバタとただテキトーに動かしていただけでした。
テキトーに動かした手に偶然当たった何かをとりあえず掴む・・・という日々。

ところが3ヶ月ごろからおもちゃを握るようになり、しかも意思を持って「これを触りたい」というものに手を伸ばすようになりました。

私の顔も小さなおててでペンペンペン。
さわさわさわ。
確認しているようです。
最近はギュウウウ~っとつねったりもしてきます。

私が「イテテテテ!」っと言うと大笑い・・・(~_~;)

まだ早いだろうと思いつつ連れていった人形劇では、こちらの想像を遥かに越えていっちょまえに人形を目で追ってちゃんと真剣に見ていました。

風ではためく洗濯物を見つめたり、セミの鳴き声に不思議そうな顔をして木を見上げたり。

外には色んなものがあって色んなことが起こっている。
そんなことにもうすっかり気付いているんです。

外に連れ出すとキラキラの瞳で周りをキョロキョロ。
新しい物を見せると「なんだそれ!?」という顔をして反応する。

そんな姿を見ていると、あぁ、この子も外界に慣れてきたなぁ~っと毎度しみじみ思います。

お腹の中で守られていた頃とは違い、外の刺激から日々学んでいっているのです。
そんな息子の真剣な眼差しを見ながら、健康で人を思いやれる人間になって欲しいと常に思っています。
↓人形劇を見る息子
e0122770_004477.jpg
↓人形と記念撮影。
e0122770_0123.jpg

[PR]

by kusanohiromi | 2013-08-01 16:08 | 家族  

<< おでかけの話 ベビージムを買いました >>