生まれる直前ってこんな状態です

予定日まで一週間。

出産予定日というのは妊娠40週0日のことを言います。
37週0日より「正期産」と言って、もういつ生まれても大丈夫!お腹の赤ちゃんは外の世界に出ても問題なく生きていける!という時期になります。

それまでは「無理は禁物!」とか言われ続けた妊婦ですが、37週に入ると「しっかり歩きなさい。どんどん動きなさい。」と言われるようになります。

ところが。

赤ちゃんと羊水と胎盤だけでも約5kg。
2Lのペットボトル2本と500MLのペットボトル2本をお腹にぶら下げている状態。
もちろん体重も8kg~10kgくらいは増えています。

っとなると、恥骨は痛い、尾てい骨は痛い、股関節は痛い、膀胱は圧迫される、お腹は張る・・・という状態でもう歩くのすら大変な作業なんですね。
靴を脱ぐ時が私は「イテテテテッ」と苦しんでいます。

もう止まるんじゃない?っていうくらいのスピードしか出ません。
あんなに走り回っていた自分が嘘のようです。

お風呂上がりにパンツを履くこともかなり辛い。
もうこれは、『探偵ナイトスクープ』によく出ていた「人間パラダイス」の河本くんのように、“手を使わずにパンツを履く”という技を身に付けないといけません。
(分かる人は笑ってください。)

寝る前にトイレに3回行くけれど、夜中に3回~4回トイレに起きます。
胃は圧迫され食べれないし、心臓と肺も圧迫され動悸息切れが堪えない・・・。
それが出産直前の妊婦の状態です。人によってはもっと色んなことがあるようです。

そして陣痛はいつ始まるのか?

これはもう、神のみぞ知る。

マタニティ生活を送る上で、出産の流れや陣痛のエピソードなどはもちろん情報として入ってきますし、周りの経産婦さんが「私はこうだったよ~!」というそれぞれのそれはそれは恐ろしい(笑)武勇伝を語ってくれるので「陣痛」というものがどれほど痛いのか・・・という恐怖心も当然あります。

不思議なもので、話を聞いても聞いても陣痛のマックスの痛みって想像できないもんなんですよね。
同じ女性なのに。

ハンドグリップを握る手に血豆が出来てそれが潰れて手が血だらけだったことも気が付かなかった・・・とか、37時間かかったとか、22時間かかったとか、麻酔なしで会陰を(男性も読んでいるのに済みませんねぇ)ハサミでチョキン!っと切ったけどそんな痛みは感じなかったとか・・・。
胎盤が子宮内部に癒着して後産の方が大変だったとか・・・。
いやいやほんとみなさん、すごい武勇伝をお持ちです~っ!!!

い、一体どれだけ痛いんだぁ~~~!!!!

そこで、私が今回トライする出産方法は。

「ソフロロジー分娩」。

これは、陣痛を「赤ちゃんが生まれるのに必要なエネルギーと捉える」、
「赤ちゃんに会うためのママと赤ちゃんの初めての共同作業と前向きに捉える」という出産方法。

へ?
それだけ?

と思うよね。
私も思いました。

ただ、「痛い」「怖い」「嫌だ」とマイナスに構えていると、体が硬直し陣痛を長引かせたり、もっと痛く感じたりするのだそうです。
実は陣痛の痛みに個人差はないそうです!?(ほんとかなぁ・・・?)

ソフロロジーではひたすら「リラックス」のイメージトレーニングをします。

それが私がいつもTwitterで呟いている「安眠CD」ならぬ「安産CD」のことです。
聴くと必ず眠ってしまうほどのリラクゼーション。

レゲエのシンガーソングライターMINMIの出産方法が話題になっているけど、まさにそれが「ソフロロジー」なんだよね。MINMIは自分で発見したんだね。すごいです。
お母さん主体の「痛くて辛い出産」ではなく、「おいでおいで、ママは大丈夫だから頑張ろうね。」と赤ちゃんに想いを馳せる。

果たしてそれだけで安産になるのだろうか?

と、もちろん私も思っていますが、どうやらそれだけで陣痛を和らげるナンチャラ~とかいうホルモンがどんどん分泌されるらしいですよ~!

ということで、陣痛にビビッた私はその渦中に少しでも落ち着けるように先の新曲を書きました(笑)。

陣痛の渦中に歌えるかは分かりませんが(歌えるとは到底思ってはいませんが思い出す努力はできるかな)、自らを持って人体実験をしてきます。

ところで、MINMIの出産方法を「痛くない出産方法」と思ってる(言っている)方がいますが、それは間違ってます(爆)。
痛くないということは絶対にありえませんから~!!!

「ソフロロジー分娩」も痛くない訳ではないとはっきり言っています。

ただ、どこまで叫ばずに吠えずに産めるか・・・。

試してみます!!!

後日ご報告致しますので、お待ちください♪

ドキドキドキドキぃぃぃぃぃ~~~!!!!
[PR]

by kusanohiromi | 2013-03-10 22:51 | 家族  

<< 生まれました ようこそ世界へ(新曲♪) >>