座敷わらし

出産が近づくにつれ、家族で私たち兄弟3人が小さかったころに想いを馳せる機会が増えた。

よくこんな騒がしい3人も、「特に私は一番育てにくかっただろうな~。」なんて、感謝と同時に思い出す。

私は幼い頃から感受性が強く、なんと1歳代から記憶が残っている。

そんないくつもの思い出を話す中、おかしなことがあった。

昔、今実家があるこの熊本のおじいちゃんおばあちゃんちに遊びに来たとき、私は時々向かいの家の女の子と遊んでいた。

同い年くらいか、一つ下くらい。

ちょっと子ども心に不思議な子ではあったが、年も近かったしおばあちゃんちの家の向かいだったので、遊んでいた。

そんなとき、おばあちゃんが小声で私に「あんまりあの子と遊んではいけません。」と言うような内容のことを言うのだった。
それはあまり気持ちのいいものではなかった。

3つか4つ、もしかしたらもっと小さかったかもかもしれないが、うっすらとその子のお父さんに何か問題があったと記憶していたので、両親に聞いた。

「あの子のお父さんは何だったの?犯罪者か何かかと思ってたんだけど?」

すると両親は。

その家には子どもなんていなかったと言うのである。

母の2つ下の女の人がいたが、結婚はしなかったので子どもはいないと言うのだ。

え?
そんなはずはない。

今も残る(今は誰も住んでいないが)その家の門をこじ開けて、私は確かに中に入ったし軒下をほじくり返して遊んだりしていた。

家の中に入った記憶もある。

そのとき、なんとなく無愛想で気難しそうで怖そうなおじさんがいた記憶も。

でも、確かに母と同世代のその人には子どもがいなかったので、小さな子どもが出入りすることもなかったらしい・・・。
私の細かな記憶を話せば話すほど、両親は首を傾げるばかり。
しかも、母の教育理論上「親がどうこうだから遊んではいけません」と言うことは絶対になかったので母としては尚更である。

では、私は誰と遊んでいたのだ?

座敷わらし説浮上(笑)。

おばあちゃんとおじいちゃんも、もしかしたら私が一人なのにまるで誰かと一緒にいるように遊んで他人の家を出入りしているので気持ちが悪くなって「あの家には入ってはいけないよ?」っと言ったのかもしれない。

まさかね。

2才の頃住んでいた家の間取りを覚えているほどの私の記憶だから、確かなことに違いはないのだが。

あれは一体誰だったのだろうか?
[PR]

by kusanohiromi | 2013-02-26 22:40 | 家族  

<< 実家には使途不明のものがたくさんある 入院していました~ >>