2011イタリア旅行記~オリスターノ~

e0122770_200224.jpgさて、毎度お待たせしております(笑)。

サルデーニャ三日目。
日曜日。

日曜日はお目当てのレストランもほとんどお休みなので「さてどこへ行こうか?」と考えたあげく、少々遠出をして鉄道に乗ることにしました。

オリスターノを目指します。


FSの列車に揺られること1時間。

オリスターノの駅に到着~!e0122770_20241.jpg駅のホームはこんなにカラフルで可愛らしい♪
e0122770_2021558.jpg駅に着いたらいきなり40代くらいのおじさんが手招き。

近付いてみると、今からランチを食べるけど一緒に僕んちでいかが?だって(笑)。

見知らぬ外国人をそんな簡単に家にあげるんかい~(笑)!
e0122770_2034045.jpg
で、これが駅前なんだけど・・・。
見事になぁぁぁぁ~~~にもないっっ(笑)!

駅のホームにバールが1件あるだけ。

オリスターノに着いたはいいが、そこから先どこに行くかを全く考えていなかった私たち。
駅に行けばインフォメーションがあるだろうとタカをくくっていました。

確かにある「i」の文字。
しかしその方向に歩いてもインフォルマツィオーニは無い。

すると自宅の玄関の前で井戸端会議をしていたおじいちゃんが二人話しかけてきた。
しかもめっちゃ訛った方言で!

「どうしたの?」

「インフォルマツィオーニを探してるんだけど、この近くにありますか?」

「この近くには・・・無い。無いよ~。近くには無いねぇ~。一体どこに行きたいんだい。」

「それをまだ決めてないからインフォルマツィオーニに行きたいんだけど・・・(笑)。とりあえずビーチに行ければいいかな。えへへ。」

「それなら『torre grande』だね。駅前からプルマン(バスのようなものね)が出ているよ。でももしなかったらおじさんが連れていってあげるからまた戻っておいで。」

「えー!ほんとに!ありがとう~!行ってみます~!」

という訳で、駅前に戻る。
するとちょうどいい具合にバスが来た。
でもまだ切符を買っていない。
バスの中でも買えるかな?と思って運転手さんに聞いてみると駅構内のバールでしか売ってないって。

でも運転手さん、ちゃんと待ってくれました。
というか、運転手さんもパニーニを買うためにバスを止めてたしね(笑)。

そうして到着『torre grande』!e0122770_20114235.jpgひゃっほ~!

水がめっちゃ透明~。
e0122770_2011551.jpg
そしてまたまたパラソルで日焼けして、私たちはまたもウッカリしてしまいました!

時刻は15時半を回っています。
昨日の海のようにホテルの近くではないので、このへんでお昼を食べないといけなかったのに、シエスタに入ってしまったのです~~~。

美味しそうなリストランテのドアを開けてみると、「もうお昼は終わったよ~。」とのこと。

「あ~!そっかぁ!しまった!」と引き返そうとすると、カメリエレとクオコ(ウェイターとコック)が「Vieni!vieni!(来なよ、来なよ)」とやってきて「何が食べたいの?」と訊ねてきた。

「タコが食べたい。」と図々しくも答えると(笑)、「いいよ、アンティパストなら出せるからさ。その代わりプリモとセコンドは火を使うから出せないよ。いい?」

「もちろん!」

ってことで、休憩中のレストランでアンティパストミスト(前菜の盛り合わせ)をいただきまして~~~~。
e0122770_20221399.jpg
その味の美味なこと!美味なこと!

そしてサルデーニャ人のこの大らかさと親切さに感激!!!!
これ、日本なら「申し訳ございません~。」って謝り方ばかり丁寧に、けれどマニュアル通りに断られるもんね。

お店の名前をチェックしてくるのを忘れてしまったぁ~。こういう旅の情報はちゃんと提供しなきゃダメね。彼がカメリエーレ。
e0122770_20275295.jpg
しかしその後、お腹の冷えた私はビーチで腹を下すというとんでもない状態に。

ビーチに一つしかないトイレは係のお兄さんに鍵を借りて入るシステム。

その鍵を「何回借りんねんっ!」ってほど借り、そして「何分入ってんねん!」ってほど篭もり・・・。
私が立ち上がるとお兄さんが鍵を手に取る・・・という程に(~_~;)

お兄さんに「何食べたの!?」っと言われてしまいました・・・。

あ~、ビーチでピーピーは死ぬほど辛かった・・・。

落ち着いてオリスターノを後にしようと記念撮影をしていると、おじさんたちがまた絡んできた。

「俺たちの写真は撮らなくていいのかい?」
e0122770_20311238.jpg
e0122770_20312671.jpg
なので一緒にパチリ。

ホテルに帰ってから、胃がもたれまくっている私にアンドレアがサンブーカを出してくれました。
サンブーカというのはめちゃくちゃアルコールが高い、強いお酒なんだけど、消化を助けてくれたり胃をスーっとさせる効果があるのです。
e0122770_203535.jpg

そこでアンドレアに「今夜の食事は軽いものでいいや。何か軽いのある?」と尋ねると「カプレーゼがあるよ。」というので、ああそれはいいとホッとして頼むと、有り得ないくらいの量の「カプレーゼ」が出てきて腰を抜かしかけました(笑)。
e0122770_20352464.jpg


モッツァレラが24個入ってました。
決して軽くないと思います!!!

そんな感じで、今日もイタリアの洗礼を受けっぱなしの一日なのでした!!!
そんなとこが好きなのよ!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-08-14 19:57 | イタリア  

<< 8月31日は下北沢251でコピ... 2011イタリア旅行記~カリア... >>