2011イタリア旅行記~ローマからカリアリへ~

e0122770_20482691.jpgホテルをチェックアウトして、いよいよサルデーニャへ。

→ホテルのエレベーター。
(よく動くよなぁ~・・・コレが。)

国際線の玄関のフィウミチーノ空港ではなくて、初めてチャンピーノ空港から。

ホテルのおじさんにチャンピーノ空港へのバスの時刻を尋ねると。

「チャンピーノ行きは知らんなぁ~。まぁたぶん、30分か1時間おきには出てると思うけどなぁ~。だいたい30分くらいあれば着くよ。」とのこと。

ホテルなのに空港行きのバスの時刻表を置いてないあたり、ああイタリアだなぁと思う。

みな自己責任なのさ。
でも、だからみんな知らない人とどこでもしゃべるんだね。
コミュニケーションを取らないとやっていけないからね(笑)。
それが好きなの、たまらなく。
日本の過剰案内は、誰ともしゃべらなくとも目的地へ辿り着ける。
でもそれじゃちょっと寂しい。

駅の交通整理のおまわりさんにきく。

「チャンピーノ行きのバスはどこから出てますか?」
「一つはあっちともう一つはそっち。」

アバウトやな・・・。

「二つともチャンピーノに行くの?」
「そうだよ。」

じゃぁ、まぁ、“あっち”に行ってみますか・・・。

“あっち”に向かってバスを見つけ、ようやく乗り込む。

バスの中で乗客とバスの係員が大声で怒鳴り合って喧嘩をしていた。
客も客だが、係員も負けていない。
客相手に怒鳴りまくる!
「絶対にそうはさせないっ!俺だって仕事なんだ!」

仕事へのプロ意識は持っているようです。

チャンピーノ空港に到着し、バスの荷物入れのドアを開けると、乗客のスーツケースが滑り落ちてきた。

ガッターンッッ!

ニコッと私に目配せをして、拾わずに歩いていく係員。

えええーーっ!さっきのプロ意識はどうしたーーーー!?

日本のように「お客様の大事なお荷物」という認識は、無い。

ああ~、本当におもしろい国だ。

話は変わって空港で。

日本語のロゴが入ったリュックを背負った女の子がいた。

そのロゴは「極度乾燥させなさい」と書いてあった・・・。

意味不明(笑)。

きっと私たち日本人も、母国語の人から見たら大笑いするようなもの、身に付けてんだろうな~。

ローマから飛行機で約1時間半。
サルデーニャの州都、カリアリへ到着。
ちなみに飛行機は自由席でした!わぉ!

タクシーでホテルまで。
タクシーの運転手もさすが噂通りおっとりいい人。(サルデーニャ人はイタリアとは言っても島独自の文化を育んできたため、物静かな人が多いそうなのだ)
と思いきや。

ウインカーの存在を知らないのでは?と思うほど、右に左に真ん中に、縦横無尽に車線変更。
しかも時速120キロオーバー。

話しかけるとハンドルから両手を放し、ジェスチャーしながら答えてくれる。

ここで死ぬかも?と顔を強ばらせながら、夜22時にカリアリのホテル到着。

ふーーーっっっ!!!
[PR]

by kusanohiromi | 2011-08-12 20:47 | イタリア  

<< 2011イタリア旅行記~サルデ... 2011イタリア旅行記~ローマ散歩~ >>