Ti denuncio!(ティ デヌンチョ!)

イタリア留学時代の友達が二人同じ日に誕生日なので、みんなで誕生日パーティーをしました。

そこで、みんなでイタリア人の友達にイタリアの疑問をぶつけてみました。

Q.どうしてイタリアのトイレはどこに行っても汚いの?

A.イタリア人は自分の家以外はどうでもいいと思っているから。

これは、いつの日かイタリアに日本の快適なトイレを広めたいと思っている私の疑問。
イタリア人は外のトイレに快適さを求めていないのでしょうか?
デパートもバールもリストランテのトイレも汚いし、駅のトイレなんてまず使えたものではありません。
有料で、お掃除のおばさんがいるトイレですら汚いのは本当に疑問。ちゃんと働けー!

トイレリサーチはこれからも続けていかねば。


Q.イタリアの店員は絶対客に謝らないけど、そうすると客はどうするの?

A.客が怒って、すると店員がまたそれに対して怒って、そしてまた客が怒って、怒って怒って怒って怒って
最後に
「Ti denuncio!(ティデヌンチョ!)」っとなる。

「Ti denuncio!(ティデヌンチョ!)」とは「訴えてやる!」ってこと。

イタリア人は「訴えてやる!」って言うのが好きなんだって。
日本じゃ上島竜平くらいしか言わないよね!

ちなみに私もイタリアで、クレジットカードを高く切られて文句を言った時、平気な顔で「今値上がりしました。」って言われたからね。
んな訳あるかいっ!
もちろんこちらも食い下がって、カードの処理をやり直してもらいましたが。
日本人のみなさん、簡単に納得しちゃダメですよ。


Q.イタリアはあらゆる機械類(駅の切符刻印機、自動販売機、駅の切符販売機、バスの中の整理券発行機、トイレの入り口のゲートなどなど)が壊れているのはどうして?

A.・・・イタリアだから。

Q.イタリアの機械はお札しか使えなかったり、お釣りが出なかったりするけどイタリア人はみんな困らないの?

A.みぃ~~~んな困っている。
以前コインパーキングに駐車したとき、お札しか持っていなくて車を出すために2キロ歩いて両替しに行ったことがあるのだとか。日本じゃお札も入るし、お釣りも出るし、必ず近くに自動販売機(ちゃんとお釣りが出る)が置いてある。

ちなみに、日本の自動販売機は仮にお釣りがでないことがあっても下の電話番号にかけたらお釣りをちゃんと送ってくれるんだよ、と話すと「えぇ~~~っ!あの電話番号かけたら人が出るのぉぉぉ~っ!イタリアじゃぁかけても誰も出たことない!」っと驚いていました。

ここらへんからは、イタリア人の彼女のイタリアへの不満。

●イタリアのお店は時間になってもオープンしない。
日本だとちょっと早めに行っても「どうぞどうぞ~」っと言われるのに!

●電車やバスが遅れて来るのはあたりまえ、突然なくなることも。
終電が勝手になくなって、家に帰れなくなったことが何度もある!

彼女自身、なぜイタリアがこうなのか未だに分からないのだそう。

でも全てはこうやって自分を納得させる。

しょうがない。
イタリアだから。


★人気ブログランキングに参加しています!
このブログを気に入っていただけたらポチっと押してください♪↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by kusanohiromi | 2009-06-13 13:28 | イタリア  

<< INVAGOのライブ 耳の話 >>